2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

ジョン・ラーム チェズ・リービー パトリック・リード ジャスティン・ローズ ザンダー・シャウフェレ シャール・シュワルツェル ウェブ・シンプソン キャメロンスミス ジョーダン・スピース…
2015/02/07アジアンツアー公式

アジアンツアー会長寄稿/2015年2月号

取ろうとする彼らの勝利への渇望は、実に素晴らしい。 昨年はオーストラリアのキャメロンスミス、そして米国のポール・ピーターソンというルーキーたちの躍進を目撃した。それぞれ賞金ランキング5位と22位に入っ
2002/06/10ビュイッククラシック

一進一退の攻防は、C.スミスの初優勝で幕を閉じた

米国男子ツアー「ビュイック・クラシック」の最終日は、結果のスコアだけ見ると落ち着いた展開に見えるが、混戦を誰が抜け出すのか、まったく分からない展開になった。3日目に首位に立ったC.スミスを中心に
2015/01/09アジアンツアー公式

アジアンツアー会長寄稿/2015年1月号

ツアーの将来はまぎれもなく明るい。他にも、キラデク・アフィバーンラト、 タンヤゴーン・クロンパ、キャメロンスミス、ガガンジート・ブラー、ミゲル・タブエナ、ニコラス・ファン、ジャズ・ジャンワタノンド
2017/01/28ヨーロピアンツアー公式

カタールはツアー史上初の9人が首位で並ぶ展開

クリス・ハンソン、ジョーダン・スミス、そしてアンソニー・ウォールのイングランド勢、そして米国のダニエル・イムがつけており、リーダーボードの上位は首位から3打差に31選手がひしめく大混戦となっている
2003/01/16

米ツアー<裏>情報

伸ばしたらしい。メルセデス選手権の平均飛距離1位はエルスで323.4ヤード。2位のビジェイ・シンを21ヤードも引き離しており、飛ばし屋のチャールズ・ハウエルIIIにも28ヤードも差をつけた。 またボブ
2017/11/15ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」の大会アラカルト

、ジョーダン・スミス、ライアン・フォックス、ミシェル・ロレンゾベラ、カラム・シンクィン、アンドリュー・ドット、アレクサンダー・ビョーク、マチュー・パボン、アドリアン・オタエギ、ディーン・バーメスター、ヘイドン
2019/08/19BMW選手権

松山英樹は4大会連続で「プレジデンツカップ」世界選抜に

・レイシュマン(オーストラリア)、松山英樹、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)、アブラム・アンセル(メキシコ)、李昊桐(中国)、パン・チェンツェン(台湾)、キャメロンスミス
2019/06/24ヨーロピアンツアー公式

パバンがプレーオフを制しミュンヘンで歓喜の勝利

で出たジョーダン・スミス、ラファ・カブレラベローとアルバロ・キロスのスペイン人コンビ、南アフリカのクリスチャン・ベゾイデンハウト、そしてイタリアのエドアルド・モリナリと並ぶ3位タイで大会を後にした
2019/07/18全英オープン

雨対策の新発想?/塚田好宣の現地レポ(その3)

、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ゲーリー・ウッドランド、マット・クーチャー、キャメロンスミス、アレックス・ノレン、マイク・ロレンゾベラ、フィル・ミケルソン、ザック・ジョンソン。この9人が両手袋をして練習し
2017/02/18ヨーロピアンツアー公式

ラムフォードが地元パースで首位を堅持

・エバンス、ライアン・フォックス、ケーシー・オトゥール、ダンカン・スチュワート、そしてジョシュ・ヤンガーがつけており、通算6アンダーのロバート・アレンビー、オースティン・コネリー、ニック・カレン、トーマス
2014/09/25アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ

藤田、深堀、室田ら2位発進 石川44位、首位はC.スミス

大会の初日に飛び出したのは、アジアンツアーメンバーのキャメロンスミス(オーストラリア)。5バーディ、ノーボギーラウンドにまとめる「66」でプレーし、昨年プロ転向した21歳が5アンダー単独首位スタートを
2019/07/27WGCフェデックス セントジュード招待

M.フィッツパトリック首位 今平3打差6位 松山は13位に後退

(スペイン)は「71」で回り、パトリック・カントレー、ビリー・ホーシェル、キャメロンスミス(オーストラリア)と並び、通算7アンダー2位で続いた。 3打差2位から出た今平周吾が3バーディ、2ボギーの
2002/10/28ビュイックチャレンジ

PGA「ビュイック・チャレンジ」最終日

こちらも小雨の降りしきる中行われた「ビュイック・チャレンジ」最終日。ジョン・ヒューストンと初日のリーダー、ティム・ヘロンが20アンダーで首位タイ。デビッド・トムズと「NEC招待」で優勝したクレイグ
2019/07/26WGCフェデックス セントジュード招待

松山英樹と今平周吾が2位発進 「62」のラーム首位

の「62」をマークし、8アンダーで単独首位発進を決めた。 3打差の5アンダー2位に7バーディ、2ボギーで回った松山英樹、今平周吾、バッバ・ワトソン、パトリック・カントレー、キャメロンスミス