2018/11/25ISPSハンダW杯ゴルフ

ベルギーが初の世界一 小平&谷原の日本は23位

オーストラリア(マーク・レイシュマン&キャメロンスミス)と、メキシコ(アブラム・アンセル&ロベルト・ディアス)が入った。 前回の優勝ペアで臨んだデンマーク(トービヨン・オルセン&ソレン・ケルドセン)は
2018/11/21ISPSハンダW杯ゴルフ

男子の国別対抗戦が2年ぶりに開催 小平智と谷原秀人が出場

(霞ヶ関CC)の中村寅吉と小野光一、2002年(メキシコ)の伊澤利光と丸山茂樹に続く3度目の世界一を目指す。 連覇がかかるデンマークは、オルセンとケルドセンがコンビを再結成。ホームのオーストラリアはマーク・レイシュマンとキャメロンスミスが組み、2大会ぶりのタイトル奪還に挑む。
2018/11/22ISPSハンダW杯ゴルフ

ホームの豪州ら3カ国が首位 日本は4打差13位発進

・レイシュマン&キャメロンスミス)の3カ国が首位に立った。 9アンダーの4位タイに、前回大会優勝と同じペアで臨むデンマーク(トービヨン・オルセン&ソレン・ケルドセン)のほか、ベルギーとマレーシアの3
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

・ウーストハイゼン パット・ペレス イアン・ポールター ジョン・ラーム チェズ・リービー パトリック・リード ジャスティン・ローズ ザンダー・シャウフェレ シャール・シュワルツェル ウェブ・シンプソン キャメロンスミス
2018/09/20ツアー選手権

レッスン会で“おもてなし” 松山英樹は最終戦の調整完了

キャメロンスミスのオーストラリア勢と一緒に練習グリーンで、パッティングのレッスンを担当した。計1時間半にわたってゲストのフォームなどをチェック。その間、気軽にサインや記念撮影のリクエストに応じながら
2018/09/14

小平智&谷原秀人が豪州でW杯に出場へ

をプレーしてホールごとに優れたスコアを採用)、2日目と最終日にフォアサム形式(1つのボールを交互に打ってスコアを決める)で行われる。 他チームではオーストラリアがマーク・レイシュマン、キャメロン
2018/09/04デルテクノロジーズ選手権

デシャンボー連勝 松山英樹は8カ月ぶりトップ10で第3戦へ

プレーオフシリーズを連勝したデシャンボーは計5617ptとし、ランク2位ダスティン・ジョンソンに2328pt差をつけた。 2打差の2位にジャスティン・ローズ(イングランド)が続き、キャメロンスミス
2018/09/03デルテクノロジーズ選手権

松山英樹は25位で最終日へ 前週Vのデシャンボーが2位浮上

トン(イングランド)と並ぶ通算12アンダーの2位に続いた。 通算11アンダーの4位にジャスティン・ローズ(イングランド)とキャメロンスミス(オーストラリア)。2009年のタイガー・ウッズ以来となる2
2018/08/27ザ・ノーザントラスト

デシャンボーがプレーオフ初戦を制す 松山英樹は15位

フェデックスランクは9位からトップに浮上し、次週の第2戦「デルテクノロジー選手権」に臨む。 通算14アンダーの2位にトニー・フィナウ。通算13アンダーの3位にビリー・ホーシェルとキャメロンスミス(オーストラリア
2018/08/26ザ・ノーザントラスト

松山英樹は26位で最終日へ デシャンボーが首位浮上

推薦に向けても、絶好のアピールの機会を引き寄せた。 通算12アンダーの2位で、この日ベストの「62」をマークしたキーガン・ブラッドリーが続く。通算11アンダーの3位にキャメロンスミス(オーストラリア
2018/03/25WGCデルマッチプレー

ジャスティン・トーマスが世界1位に前進 ベスト4出そろう

を1アップ、準々決勝でイアン・ポ-ルター(イングランド)に8&6と快勝。ノレンはパトリック・リードを5&3、キャメロンスミス(オーストラリア)を4&2で下して、ベスト4進出を決めている。 1回戦で
2017/04/30チューリッヒクラシック

松山&谷原は34位で最終日へ ブリクスト&スミスが首位

・ブリクスト(スウェーデン)とキャメロンスミス(オーストラリア)のコンビが4バーディ、ボギーなしの「68」とさらにスコアを伸ばし、通算19アンダーとして首位を維持。米ツアー36年ぶりのダブルスストローク戦制覇
2018/04/27チューリッヒクラシック

リービー&グローバーと中国ペアが「60」で首位発進

注目ペアが集中。前年優勝のヨナス・ブリクスト(スウェーデン)&キャメロンスミス(オーストラリア)のほか、リオ五輪メダリストペアのジャスティン・ローズ(イングランド)&ヘンリック・ステンソン
2018/03/24WGCデルマッチプレー

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

ザック・ジョンソンに引き分け。1勝1敗1分けで予選敗退が決まった。 すでに敗退が決まっていた宮里優作はキャメロンスミス(オーストラリア)と引き分けて2敗1分け。小平智はチャールズ・ハウエルIIIに