2017/06/20マーク金井の試打インプレッション

ヤマハ インプレス UD+2 フェアウェイウッド

で、アドレスするとフェースがやや後ろ側に位置する。アイアンでいうところの「グースネック」と同じ形状で、構えた時につかまった球が打てるイメージが湧く。ヘッドとシャフトは接着での固定式で、ネック部分は細く
2017/06/13マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフ フォージド アイアン KURO

ストレートなトップブレードで、アドレス時に存在感が大きい。 ソールはフラットでバウンス角はそれほど大きくない。リーディングエッジ側の削りしろを大きく取ることで、ソールの抜けが良くなっている。ネックは
2017/06/06マーク金井の試打インプレッション

プロギア RED フェアウェイウッド

くらいに感じる。ただしフェースは分厚くなく、厚みを測ると約36ミリで、アドレスするとロフトがしっかり見えて高弾道をイメージしやすい。 クラウンの形状はユニークで、フェース側に傾斜している。メーカーは
2017/05/09マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ GBB エピック スター フェアウェイウッド

2本の柱は、FWには採用されておらず、従来通りのカップフェースとなっている。 フェースの高さは約36ミリ。クラウン部分の膨らみも少ないので、アドレスすると薄べったく感じ、ボールが上がりやすいイメージが
2017/05/16マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z565 ドライバー

モデルの『Z765』と同じフェース厚で、アドレスするとそれほどディープな感じではない。フェース形状はやや面長で、重心距離を短くすることよりもスイートエリアを広げやすい形状だ。ソール後方(バックフェース側
2017/03/21マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ GBB エピック サブゼロ ドライバー

と、エピック スターより3ミリ厚い。アドレスするとフェースの向きはかなり開いた感じになる(ニュートラルポジション)。 ソールには、フェース側とヘッド後方にウェイト調整ネジが埋め込まれている。ネジの重
2017/05/30マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 レスキュー

ないので、アドレスするとフェースが薄べったく感じ、高弾道をイメージしやすい。 ソールに目を転じると、『M2 ドライバー』、『M2 フェアウェイウッド』と同じく、フェース側にはスピードポケットと呼ばれる溝
2017/05/23マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド

アドレスするとフェースが薄く感じ、高弾道をイメージしやすい。 クラウンは『M2ドライバー』同様、ホワイトとブラックのツートンで、フェース側はステンレススチール、中央から後方はカーボングラファイトの
2017/02/07マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M1 460 ドライバー

10.5度。フェース角が-3度。見た目どおりにオープンフェースの度合いが強く、アドレスするとフェース面は右を向く。ライ角が54.5度と非常にフラットで、重心角は18.5度と小さめ。ノーマルポジションだと
2017/05/02マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 718 T-MB アイアン

マッスルバックだと勘違いするだろう。トップライの傾斜は直線的で強く、アドレスするとフェース上側がやや開いてみえる、いわゆる”洋顔”だ。 ストレートネックであるがわずかにオフセットがあって、ヒール側に懐
2017/03/07マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー

角が11.5度。フェース角+1.5度がノーマルポジション。アドレスするとフェース面がしっかり見え、フェース面はやや左を向いている。高弾道ドローをイメージしやすい。重心距離は38ミリ(メーカー値
2017/08/23topics

1位の「M2」と圏外の「M1」 売れ筋ランキングの差はなぜ?

モデルが人気だ。 日本人ゴルファーの8割がスライスに悩んでいると言われている。長きにわたって多くのゴルファーから支持を得ているダンロップ「ゼクシオ」の強さも、球のつかまりやアドレス時の安心感を求めて
2017/04/04マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフ ドライバー KURO

のあるヘッドなので、見た目の安心感よりもシャープさをアピールしている。 フェースの厚みは約55ミリ、フェースの向きはほぼスクエアでアドレスすると弾道をイメージしやすい。フェースにはスコアラインに加え
2017/02/21マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ GBB エピック スター ドライバー

分厚くなっている。アドレスすると、フェースの向きはほぼスクエアだ。 ソールに目を転じると、ヘッド後方にはレール状の溝、ペリメーター・ウェイティングがある。ここには11gのウエイトが配され、トゥ側から
2017/03/28マーク金井の試打インプレッション

ミズノ JPX900 フォージドアイアン

軟鉄鍛造にしてはやや大きめで、構えると安心感がある。トップラインの傾斜は強めでトゥが高い。アドレスすると実際の数値よりもライ角がアップライトに感じ、ボールがつかまりやすい印象だ。加えてネック形状も
2017/03/14マーク金井の試打インプレッション

コブラ キングフォージドツアーアイアン ワンレングス

、ロフト角は通常のPWと同じだが、長さは7番と同じで通常のPWよりも1.5インチ長い。このためPWでも7番と同じアドレスが作れるが、慣れていないせいもあってこの長さに戸惑いを感じる。 さらに戸惑いを感じたの
2016/12/27マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 917 D3 ドライバー

クラブはロフト角9.5度のSフレックス。シャフトは純正の“タイトリスト・スピーダー517”。ノーマルポジションでアドレスすると、フェースが開いた感じに見えるのはソールの座り具合の影響が強そうだ