ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バラクーダ選手権
期間:08/05〜08/08 場所:タホマウンテンC(カリフォルニア州)

小平智は5ポイントで43位スタート 唯一のステーブルフォード大会

◇米国男子◇バラクーダ選手権 初日(5日)◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7425yd(パー71)

ツアー唯一の「ステーブルフォード方式」の大会は8バーディ、ボギーなしで回ったジョエル・ダーメンが16ptとして単独首位発進を決めた。通常のストローク数ではなく、バーディは2pt、ボギーはマイナス1ptといった各ホールのパーに対するスコアに応じたポイント制で争われる。

<< 下に続く >>

5ptとなるイーグルを2ホールで決めるなど14ptで回ったシュテファン・イエーガー(ドイツ)が2位につけた。13ptのスコット・ハリントンが3位にいる。連覇がかかるリッチー・ウェレンスキは8ptの21位につけた。

前週の「東京五輪」で松山英樹らと銅メダルを争う7人のプレーオフで敗れたミト・ペレイラ(チリ)は7ptで27位スタートとなった。

小平智は4バーディ、3ボギーで5pt、43位での滑り出し。前半アウトでスコアを動かしたが、インコースはボギー1つのほかはパーが並んだ。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バラクーダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!