ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 バラクーダ選手権
期間:08/05〜08/08 場所:タホマウンテンC(カリフォルニア州)

レギュラーシーズン残り2週 小平智がツアー唯一のポイント積み上げ方式に参戦

2021/08/04 18:12


◇米国男子◇バラクーダ選手権 事前情報◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7425yd(パー71)

バーディでプラス2pt、ボギーでマイナス1ptなど、スコアによって異なるポイントを積み上げて争う「ステーブルフォード方式」で行われるツアー唯一の大会が5日(木)に開幕する。

<< 下に続く >>

「WGCフェデックスセントジュード招待」の“裏開催”となるこの試合を含め、レギュラーシーズンも残り2週。現在プレーオフに進出できるボーダーラインのフェデックスカップランキング125位にいるのはリッキー・ファウラー。そのファウラーは出場しないが、124位ネイト・ラシェリー、126位パトリック・ロジャースらがポイント獲得を狙う。

151位の小平智にとっても生き残りをかけた正念場。ひとつの目安となるファウラーとの差は121pt。優勝300ptに設定されている今大会は2位165pt、3位105ptとなっており、初出場から少しでも上位を狙っていきたい。

前年覇者リッチー・ウェレンスキ、過去2年連続2位のトロイ・メリットに加え、ゲーリー・ウッドランドマット・クーチャーら実力者も参戦。推薦出場のジョン・パクはフロリダ州立大でジャック・ニクラス賞、フレッド・ハスキンス賞、ベン・ホーガン賞といった栄誉を総なめにした元トップアマ。6月のプロデビューから5試合連続予選落ちと結果を残せていない中でポテンシャルを示せるか。

ミト・ペレイラ(チリ)、ラファエル・カンポス(プエルトリコ)、トーマス・ピータース(ベルギー)は「東京五輪」からの連戦となる。

<主な出場予定選手>
リッチー・ウェレンスキジョン・デーリールーク・ドナルドパドレイグ・ハリントン小平智マット・クーチャーミト・ペレイラトーマス・ピータースゲーリー・ウッドランド

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バラクーダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!