ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

ホーシェルがWGC初優勝 シェフラーを2&1で破る

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(28日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

ビリー・ホーシェルが決勝戦でスコッティ・シェフラーを2&1(1ホール残して2アップ)で下し、グループリーグから7マッチを経て64人の頂点に立った。2018年の「チューリッヒクラシック」以来のツアー通算6勝目を、初の世界選手権シリーズ(WGC)のタイトルで飾った。

<< 下に続く >>

午前中にスタートした準決勝でビクトル・ペレス(フランス)を3&2で下し、決勝でも初出場のシェフラーを相手に安定したプレーを見せた。1ダウンで迎えた5番でチップインバーディを奪ってオールスクエアに戻し、パーを拾った7番、9番を取って2アップとし、インコースで逃げ切った。

学生時代をテキサスで過ごしたシェフラーは1アップで競り勝った準決勝のマット・クーチャー戦までビッグネームを次々と破ってきたが、PGAツアー初勝利はお預けとなった。

3位決定戦では前年2位のクーチャーがペレスを2&1で破った。

決勝戦は米国勢対決 シェフラーVSホーシェル

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(28日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

準決勝2試合が行われ、大会初出場のスコッティ・シェフラーが、前回準優勝のマット・クーチャーを1アップで破り決勝戦に進出した。ビクトル・ペレス(フランス)に3&2で勝ったビリー・ホーシェルとビッグタイトルをかけて同日中にぶつかる。

シェフラーはオールスクエアで迎えた17番(パー3)で3mのバーディパットを沈めて終盤にリード。ビッグネームを立て続けに下して、ツアー初優勝のチャンスを手にした。

ホーシェルは前半9ホールで一進一退。インコースに入り、相手のミスに乗じてパーを重ねてリードすると、2ホールを残して準決勝を突破した。2018年の「チューリッヒクラシック」以来となるツアー6勝目、WGC初タイトルを狙う。

敗れた2人は3位決定戦を戦う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!