ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

キズナーが連覇へ先勝 マキロイ大敗 松山英樹も黒星スタート

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日(24日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

1組4人による総当たり戦のグループリーグが始まり、連覇がかかるグループ2のケビン・キズナーは2&1でルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)を破った。同じ組でマット・クーチャーが、2週前の「プレーヤーズ選手権」を制した世界ランキング2位のジャスティン・トーマスを3&2で下した。

<< 下に続く >>

世界ランク1位のダスティン・ジョンソンはグループ1でアダム・ロングを2アップで退けた。ランク3位のジョン・ラーム(スペイン)にセバスチャン・ムニョス(コロンビア)に1アップとしてグループ3の首位に立った。

ロリー・マキロイ(北アイルランド)はイアン・ポールター(イングランド)に6&5の大敗を喫した。世界ランク5位のブライソン・デシャンボーアントワン・ロズナー(フランス)に1アップで敗れた。

2週ぶりに出場の松山英樹カルロス・オルティス(メキシコ)に開始から3ホール連続で奪われるなど苦しい戦いが続き、4&3で黒星発進となった。同じグループ10ではパトリック・カントレーが接戦の末、ブライアン・ハーマンに1アップで勝った。

3日間のグループリーグで勝った選手は1ポイントを、引き分けで0.5ポイントを獲得。3マッチを終えた合計ポイントで各組1位の16人が27日(土)からの決勝トーナメントに進む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!