ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は2年連続で初戦黒星 初出場オルティスに大敗

2021/03/25 06:23


◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日(24日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

松山英樹はグループリーグの初戦を落とし、週末の決勝トーナメントへの道がいきなり険しくなった。昨年ツアー初勝利をマークしたカルロス・オルティス(メキシコ)に4&3(3ホールを残して4ダウン)で敗れ、勝ち点を奪えず4人1組のグループ10で3位タイに沈んだ。各組1位に限られる決勝進出のためには残り2マッチを落とせない。

<< 下に続く >>

右ラフにこぼすティショットが目立ち、出だし3ホールを連続で落とすまさかのスタートだった。4番(パー3)はパーで、相手のミスから2ダウンに戻したが、続く5番で4.5mのチャンスをパットで生かせず流れに乗れなかった。

全体的には例年よりも風が穏やかなコンディションで劣勢となり、9番で痛いミスショット。残り171ydの第2打がグリーンに届かず手前のペナルティエリアに入り、不可解な表情を浮かべた。後からセカンドショットを打つオルティスを楽にさせて、3ダウンで折り返し。10番で9mのバーディパットで1ホールを取った後、11番(パー3)では6mを外して天を仰ぐと、逆に3mを沈められてすぐさまホールを献上した。

バーディを決めたのは2ホールだけ(記録上は3バーディ)。ドーミーホールとなった15番では1Wで333ydドライブを見せ2打目でピンそば1.2mにつけながら、相手に先にバーディを奪われてパットをさせてもらえないままマッチが終了した。

言葉残さず…

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日 ハイライト 松山英樹
2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日 ハイライト 松山英樹
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

「素晴らしいプレーでやるべきことをやれた。こういったプレーができればなかなか負けないと思う」と胸を張った大会初出場のカルロスはフェアウェイキープが4ホール(松山は6ホール)でも、大きなミスをしないまま少ないチャンスをものにした。

一方の松山は2年連続で初陣を落とす結果に、ホールアウト後は言葉を残さずすぐに帰りの車に乗り込んだ。2日目のブライアン・ハーマン戦に敗れれば、3日目パトリック・カントレーとのマッチを残してグループリーグ敗退が決まる。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!