ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

WGC初出場の28歳がデシャンボー撃破「番狂わせじゃない」

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日(24日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

今季PGAツアー2勝、屈指のパワーで注目の的のブライソン・デシャンボーがグループリーグ初戦で敗れた。世界ランキング5位を破ったのは、欧州ツアーでプレーする同64位のアントワン・ロズナー(フランス)。4カ月前には204位だった28歳だ。

<< 下に続く >>

昨年12月の「ゴルフ in ドバイ選手権 by DPワールド」で初優勝。2週前の「コマーシャルバンク カタールマスターズ」での2勝目で、世界選手権シリーズの出場権を初めて手にし、いきなり相対したのは今を時めくデシャンボー。ロズナーは「最初の数ホールが重要だった。ちょっと緊張していたから。2番、3番、4番と良いショットを打てて落ち着いたし、自信になった」と9番で3mのバーディパットを沈め、2アップとして折り返した。

「世界ランク5位の選手とマッチできるなんて、普段じゃ考えられない。とにかく楽しんだ」。1アップに迫られて迎えた最終18番、右ラフから残り51yd、打ち上げの2打目を見えないグリーン面へ天高く放ち、ピン奥2mにつけるスーパーショット。「マッチプレーではみんなが同じレベルにあると思う。だから番狂わせなんかじゃないと思う。もちろん彼はすごい選手だし、球を遠くに飛ばす。でも1ラウンドのゴルフなら、誰が相手だろうが関係ない」。バーディパットを沈めて勝負を決めた。

パリ出身だが高校卒業後は米ミズーリ大カンザスシティ校でプレー。「アマチュアのときはたくさんマッチプレーをしてきた。『フランスアマ』を連覇して、『アーノルド・パーマーカップ』では4マッチで勝った。でもプロになってからは今回が初めて」だという。欧州を主戦場とする現在は地元に戻り、サッカー仏リーグ・パリサンジェルマンのスタジアムから徒歩で5分のところに住んでいる。

小さい頃からの憧れは「もちろんタイガー(ウッズ)」と即答した。「ただフランスで言えば、トーマス・レベビクトル・デュビッソン。彼らによって、フランス人はゴルフに注目した。ビクトルは特に何年か前のプレーは印象的だったよね」。アリゾナ州で行われていた2014年大会決勝で、当時無名と言えたデュビッソンはジェイソン・デイ(オーストラリア)を相手にグリーン周りのサボテンが並ぶエリアから何度もアプローチを寄せて惜敗の準優勝。フランスから再び台風の目が現れるか。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!