ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

マキロイ首位発進 デシャンボー1打差 松山は87位

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 初日(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

キングことアーノルド・パーマーの名を冠し、“準メジャー級”の3年シードとフェデックスカップポイント550ptがかかる招待試合が開幕。

<< 下に続く >>

2018年大会優勝のロリー・マキロイ(北アイルランド)が後半アウトで5連続バーディを奪うなど「66」をマークし、コーリー・コナーズ(カナダ)とともに6アンダーで今季初の首位発進を決めた。

1打差3位でブライソン・デシャンボー、さらに1打差でジェイソン・コクラックアン・ビョンフン(韓国)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が続いた。

前週2位、欧州ツアーを挟んで4試合連続トップ10入りと好調なビクトル・ホブラン(ノルウェー)がリー・ウェストウッド(イングランド)、イム・ソンジェ(韓国)らと並んで3アンダー7位。

松山英樹は4バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「75」。連続ボギー発進から6番(パー5)でティショットを湖に打ち込んでダブルボギーをたたくなど前半「40」と苦しんだ。3オーバー87位で、まずは予選通過へ巻き返しが必要なポジション。

昨年大会優勝のティレル・ハットン(イングランド)は5オーバー107位、2019年大会優勝のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)は6オーバー110位と、歴代覇者も苦しい滑り出しとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!