ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

悪夢の開始6ホール「よく5オーバーで…」 松山英樹はベイヒルの初日ワースト

2021/03/05 08:42


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 初日(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

肌寒い午前中のスタート直後から松山英樹はスコアを大きく崩した。序盤6ホールで5オーバーの乱調。中盤以降の巻き返しで3オーバーに戻すのが精いっぱいで、87位タイと出遅れた。

<< 下に続く >>

アーノルド・パーマーの銅像を背にした、開始1番の1Wショットは左に大きく曲がった。2番(パー3)は3パットと2連続ボギーの滑り出し。パーを挟んだ後の4番(パー5)では第1打が「フォアー!」の声の後、深い左ラフへ。渾身の力を込めた2打目も87ydしか前に飛ばせないほどの強度を持つ芝からの脱出に苦労し、3つ目のボギーをたたいた。

「3番で(フェアウェイをとらえて)、もう大丈夫かなと思ったけれど、4番、6番で同じようなミスをした。先週(WGCワークデイ選手権)の2日目以降はなかったのに」という1Wの左へのミスは、湖が口を開ける6番(パー5)ではなお痛い。ティショットが水しぶきを上げ、ダブルボギーでさらに後退した。次の7番(パー3)までには2m強のパットを3回入れており、「よく5オーバーで止まったな」という内容でもあった。

「朝も良い感じで練習できていたので、自信を持っていけた」だけに、ラウンド中の修正に躍起になった。8番で下り4mのフックラインを沈めて初のバーディ。後半は落ち着きを取り戻したようで、ショットの感触は「最後まで分からない状態でプレーしていた」という。4バーディ、5ボギー1ダブルボギーと出入りが激しく、「75」は7年連続の出場で大会初日のスコアとしてはワーストになった。

首位のロリー・マキロイ(北アイルランド)、コーリー・コナーズ(カナダ)とはいきなり9打差がついた。2日目は予選カットラインとの戦いを強いられる。松山が少なくとも、前向きなポイントに挙げたのがグリーン上。18ホールで32パットながら、ファーストパットでカップを大きくオーバーしたシーンを「ちょっと自信も出てきているので、勝手に強くなっているのかもしれない」と振り返った。左手で握る部分が太い、新しいグリップを装着したパターに良い感触もある。

プレー後はショット練習を終えて帰路に。「トータルでアンダーパーまで持っていけるように頑張りたい」。風は強く、グリーンもより硬くなるであろう午後の試練のラウンドが待つ。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!