ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「マスターズ」は史上初の11月&無観客開催 松山英樹と今平周吾が参戦

◇海外メジャー◇マスターズ 事前情報◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

異例ずくめとなった2020年を締めくくる今年最後のメジャー大会が、12日(木)に開幕する。84回目を迎える「マスターズ」の歴史の中で、11月開催も、無観客も初めてのこと。咲き誇るアザレアも、熱気に満ちたパトロンの姿もない静寂のオーガスタが、世界のマスターたちの腕を競う舞台となる。

<< 下に続く >>

「全英オープン」が中止になったことで、今年のメジャーとしては3大会目。当初の4月開催時点と同じ資格で、全96選手が出場権を得た(ホアキン・ニーマンセルヒオ・ガルシアは新型コロナウイルス陽性により欠場)。

昨年はタイガー・ウッズがメジャー通算15勝目、5度目のグリーンジャケットを獲得した。メジャー制覇は11年ぶり、スキャンダルやケガを乗り越えた復活劇に世界中が熱狂した。

タイトル防衛に挑むウッズだが、今年は「全米オープン」でメジャー初制覇を成し遂げたブライソン・デシャンボーが話題の中心にいる。コロナ禍で長くなったオフの間に、大幅な肉体改造で飛距離アップに成功し、パワーだけでなく、科学的なアプローチで再現性を極限まで高めたショートゲームにも冴えを見せる。1997年に2位に12打差をつけたウッズの勝利のような衝撃が待ち受けているのだろうか?

日本からは松山英樹今平周吾が出場する。松山は前週、初出場した「ビビント ヒューストンオープン」で2位に入り、手応えと自信を手にオーガスタに乗り込む。自己最高位は2015年の5位。今年はそれを大きく上回る活躍が期待される。一方の今平は予選落ちした昨年に続く2度目の出場。9月「全米オープン」で、8度目のメジャー挑戦で初の決勝ラウンド進出を果たしており、オーガスタでもまずは週末を目指したい。

<主な出場予定選手>
タイガー・ウッズジェイソン・デイブライソン・デシャンボー今平周吾ダスティン・ジョンソンブルックス・ケプカ松山英樹ロリー・マキロイフィル・ミケルソンフランチェスコ・モリナリジョン・ラームパトリック・リードジャスティン・ローズアダム・スコットジャスティン・トーマスマシュー・ウルフゲーリー・ウッドランド

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!