ニュース

米国男子ビュイックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ビュイックオープン
期間:06/28〜07/01 ウォーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)

本命なき大混戦を制したのは伏兵、B.ベイトマン!

ミシガン州にあるウォーウィックヒルズG&CCで開催されている、米国男子ツアー第26戦「ビュイックオープン」の最終日。大混戦が続いた4日間の最後、トップに立っていたのは、スコアを伸ばし続けたブライアン・ベイトマンだった。

2位タイでスタートしたベイトマンは、他の上位陣が伸び悩む中、この日も安定した内容で確実にスコアを伸ばしていった。勝負がついたのは最終18番。ここでバーディを奪って通算15アンダーとし、接戦に終止符を打った。

5位タイでスタートしたウッディ・オースティンは13番でイーグルを出すも、2つのボギーが響いてスコアを伸ばしきれず、通算14アンダーで2位タイ。10位タイでスタートしたジャスティン・レナードジェイソン・ゴアはともに「67」の好スコアをマークし、一時はトップに並びかけたが、最終ホールでベイトマンにかわされ2位タイに終わった。

前日猛チャージを見せて2位タイでスタートしたイェスパー・パーネビック(スウェーデン)は、1バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせず通算11アンダーの16位タイ、トップで最終日を迎えたトム・パーニス.Jrは2バーディ、5ボギーと振るわず、通算10アンダー、20位タイに沈んだ。

また、日本人選手で唯一予選通過を果たした丸山大輔は、通算4オーバー、76位まで順位を落とし、大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ビュイックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。