ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

タイガーは決勝の舞台へ! 最後の相手はS.シンク

2008/02/24 10:58

アリゾナ州にあるギャラリーGCで開催されている、2008年WGC(世界ゴルフ選手権)の第1戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の4日目。この日は準々決勝と準決勝が組まれ、タイガー・ウッズスチュワート・シンクが決勝戦へと駒を進めた。

タイガーの準々決勝の対戦相手は崔京周(韓国)。お互い一歩も譲らぬ前半を終えると、後半立ち上がりからタイガーが仕掛けていく。着実にリードを広げて3&2で崔京周を降すと、続いて実施された準決勝では、ウッディ・オースティンを破ったディフェンディングチャンピオンのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と激突。予想通りの接戦も、ラスト2ホールを連取したタイガーが2アップで勝利。見事に決勝進出を決めた。

対するシンクは、まず準々決勝でアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)を3&2で撃破。ビジェイ・シン(フィジー)に勝利し、意気上がるジャスティン・レナードとの対戦となった準決勝は、4&2でシンクの完勝。決勝でタイガーと相まみえることとなった。この結果、ステンソンとレナードが3位の座を巡って争うこととなっている。

苦しみながら決勝に辿り着いたタイガーと、終盤に突き放すスタイルでエクストラホールを経験することなく決勝まで勝ち上がってきたシンク。対照的な2人の対決はどのような結末となるのか? 明日の決勝から目が離せない。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。