ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/04〜01/07 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹は4打差で折り返す レイシュマンが首位キープ

2018/01/06 12:38

◇米国男子◇セントリートーナメントofチャンピオンズ 2日目 (5日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7452yd(パー73)

首位から出たマーク・レイシュマン(オーストラリア)が「69」でプレーし、通算10アンダーでブライアン・ハーマンとともに首位をキープ。世界ランク1位のダスティン・ジョンソンが、7バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算9アンダーとして3位に浮上した。

通算8アンダーの4位にパット・ペレスクリス・ストラウドジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が並び、通算7アンダーの7位にジェイソン・ダフナーが続いている。

昨年大会で2位に入った松山英樹は6バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、リッキー・ファウラーケビン・キズナーらとともに通算6アンダーの8位。首位と4打差で大会を折り返した。

2017年のツアー優勝者34人のみが出場しており、前年覇者のジャスティン・トーマスはイーブンパーの27位に沈んでいる。

<上位の成績>
順位/スコア/選手名
1T/-10/マーク・レイシュマンブライアン・ハーマン
3/-9/ダスティン・ジョンソン
4T/-8/パット・ペレスクリス・ストラウド
7/-7/ジェイソン・ダフナー
8T/-6/松山英樹ケビン・キズナーリッキー・ファウラーキム・シウー ほか

関連リンク

2018年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~