ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が日本人初のWGC制覇に王手 3打差の単独首位で最終日へ

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 3日目(29日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

3打差の単独首位からスタートした松山英樹は、4バーディ、ノーボギーの「68」と伸ばし、通算17アンダーでその座を堅守。ライバルたちの追い上げをかわして3打差をキープし、日本人初となる世界ゴルフ選手権(WGC)制覇に向けて大きく前進した。

<< 下に続く >>

WGCは世界ランキング上位者、または世界の各主要ツアーに割り当てられる資格を満たしたトップ選手のみが出場し、年間4試合を実施。優勝賞金、世界ランクの付与ポイントなどは4大メジャーに準ずる規模に位置づけられ、これまでアジア圏から優勝者は生まれていない。

松山は、前半2番(パー5)で2.5mを決めてバーディを先行。その後はパーが続いて一時は1打差に詰め寄られたが、1mに絡めた9番で2つ目のバーディとし、リードを再び3打に戻して後半へ折り返した。最終18番(パー5)は2オンに成功し、4つ目のバーディで締めくくった。

通算14アンダーの2位に、前年大会優勝のラッセル・ノックス(スコットランド)。通算13アンダーの3位にダニエル・バーガーが続いた。

谷原秀人は3バーディ、4ボギーとして3日連続で「73」を並べ、通算3オーバーの46位タイで終えた。

【主な成績】
順位/スコア/選手名
1/-17/松山英樹
2/-14/R.ノックス
3/-13/D.バーガー
4T/-12/B.ハースF.モリナリ
6/-10/R.ファウラーR.フィッシャー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!