ニュース

米国男子WGCブリヂストン招待の最新ゴルフニュースをお届け

D.ジョンソンが「全米」に続きWGC制覇!松山英樹は42位

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

トップと3打差の5アンダー5位タイから出たダスティン・ジョンソンが6バーディ、2ボギーの「66」をマークし、通算6アンダーとして逆転優勝を果たした。

<< 下に続く >>

2週前の「全米オープン」でメジャー初制覇を遂げたジョンソンは、前日3日目に「66」を出して猛追。この日は前半6番までに2つスコアを伸ばすと、4mを沈めた13番からの2連続バーディで優勝争いに加わった。

首位スタートのジェイソン・デイ(オーストラリア)は15番をボギー、16番(パー5)をダブルボギーとして後退。同じくトップから最終組を戦ったスコット・ピアシーは12番以降に3ボギーを叩いて、ジョンソンにキャリア3つ目のWGCタイトルを譲った。

通算5アンダーで終えたピアシーが2位。デイはマット・クーチャーケビン・チャッペルジョーダン・スピースと並び通算3アンダーの3位でフィニッシュした。

日本勢は松山英樹が4バーディ、1ボギー「67」、松村道央が3バーディ、2ボギーの「69」で、ともに今大会初のアンダーパーを記録。それぞれ通算9オーバーの42位、12オーバー49位で終えた。米ツアー初出場となった塚田陽亮は「75」で、通算24オーバーの57位で4日間を戦い抜いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGCブリヂストン招待




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!