ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

新人カウフマンが7打差逆転で初勝利!石川遼は後退50位

◇米国男子◇シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン 最終日◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

2015-16年シーズン第2戦で大逆転劇が演じられた。3日目を終えて首位に7打差、28位タイから出たスマイリー・カウフマンが「61」をマークし、通算16アンダーとしてツアー初優勝を飾った。

23歳のカウフマンは2014年にプロ転向。昨季の下部ウェブドットコムツアーで賞金ランキング6位に入り、今季の出場権を手にした。この最終ラウンドで8番(パー3)からの4連続を含む8バーディと、15番でイーグルを決めてクラブハウスリーダーとなった。後続組のケビン・ナが一時トップに並んだものの、17番(パー3)でボギーを叩き、ルーキーに初勝利が転がり込んだ。

2011年大会のチャンピオンで地元ラスベガス在住のナは、プレーオフで敗れた前週の「フライズドットコムオープン」に続き、悔しい敗戦。ジェイソン・ボーン、キャメロン・トリンゲール、アレックス・チェイカ(ドイツ)、「63」で回ったパットン・キジール、ブレット・ステッグマイヤーと並んで1打差の2位で終えた。

リッキー・ファウラーは前年度王者のベン・マーティンらと並び通算9アンダーの25位。

4アンダーの46位タイから出た石川遼は5バーディ、2ボギー、1トリプルボギーの「71」とスコアを伸ばせず、50位タイに順位を下げてフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。