ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ヘンリーが単独首位に浮上 48歳トムズが2位で追う

2015年 バラクーダ選手権 3日目 J.J.ヘンリー
17ポイントを加算して単独首位に浮上したJ.J.ヘンリー【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.J.ヘンリー +41 13
2 D.トムズ +40 13
2 J.ブリクスト +40 12
4 R.ガリガス +37 12
5 P.ロジャース +35 15
6 S.フレッシュ +34 11
7 R.グーセン +33 6
7 A.ゴンザレス +33 5
9 B.スティール +32 8
10 R.バーンズ +31 14

スコア詳細を見る

◇米国男子◇バラクーダ選手権 3日目◇モントルーG&CC(ネバダ州)◇7472yd(パー72)

首位と2ポイント差(※)の3位からスタートしたJ.J.ヘンリーが、7番からの4連続を含む9バーディ、1ボギーで17ポイントを加算し、通算41ポイントで単独首位に浮上。2012年大会を制して以降タイトルから遠ざかっている歴代優勝者が、3季ぶりツアー通算3勝目のチャンスを引き寄せた。

今大会開幕前のヘンリーのフェデックスカップランクは150位で、大詰めを迎えたシード争い(同125位までが獲得)の渦中にいる1人。3年前にカップを掲げた好相性の舞台で、窮地から抜け出すことができるか。

通算40ポイントの2位に、ヘンリーと同じくシード圏外にいる48歳のデビッド・トムズ(152位)とヨナス・ブリクスト(スウェーデン/137位)。通算37ポイントの4位にロバート・ガリガスがつけた。

(※)ポイント配分
アルバトロス:+8、イーグル:+5、バーディ:+2、パー:0、ボギー:-1、ダブルボギー以下:-3


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~