ニュース

米国男子ジョンディアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ジョンディアクラシック
期間:07/10〜07/13 場所:TPCディアラン(イリノイ州)

小兵レフティ、ハーマンが初勝利 2位にザック・ジョンソン

2014/07/14 07:09

◇米国男子◇ジョンディアクラシック 最終日◇TPCディアラン(イリノイ州)◇7,268ヤード(パー71)

ブライアン・ハーマンが1イーグル、5バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算22アンダーまでスコアを伸ばして嬉しいツアー初優勝を挙げた。

<< 下に続く >>

単独首位から出たハーマンは中盤、最終組から3つ前の組を回ったザック・ジョンソンに通算20アンダーで追いつかれながら、2メートル強のチャンスを活かした14番からの3連続バーディで再びリード。170センチの小さなレフティは次週の海外メジャー「全英オープン」の出場権も獲得した。

2012年大会を制したジョンソンは1ストローク及ばず2位となったが、「64」をマークし、同大会では09年の初日から24ラウンド連続で60台を記録した。

通算19アンダーの3位にジョナサン・ベガス(ベネズエラ)とジェリー・ケリー。3日目に「61」を叩き出したスコット・ブラウンは3つ伸ばすにとどまり、ティム・クラーク(南アフリカ)と並び18アンダーの5位。大会連覇を狙ったジョーダン・スピースは初日の出遅れが響いたが、最終日の6バーディ、1ボギー「66」、16アンダー7位でフィニッシュし、全英オープンへ上々の仕上げとなった。

2014年 ジョンディアクラシック



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!