ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

ルーキーのアンドリュー・ルーペが暫定首位、ミケルソンは3打差を追う

2014/02/07 11:34

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 初日◇ペブルビーチGL(6,816ヤード、パー72)、モントレー・ペニンシュラCC(6,838ヤード、パー70)、スパイグラスヒルGC(6,953ヤード、パー72)=カリフォルニア州

予報通りの雨に見舞われた大会初日、スタート直後の8時39分から3時間近い中断を挟み、再開後は明るい日射しも戻ったが、17時33分に日没サスペンデットが決定した。第1ラウンドを終えられなかった40名は、明日金曜日の7時45分から第1ラウンドの続きを行う。

暫定ながら首位に立ったのは、モントレー・ペニンシュラCCを8アンダーで回ったアンドリュー・ルーペ。6アンダーでスチュアート・アップルビー(オーストラリア)、ジミー・ウォーカージム・レナー、スコット・ガーディナー(オーストラリア)、リチャード.H.リーが続いている。

25歳のルーペは、昨年まではウェブドットコムツアーをプレーしており、今年がPGAツアーのルーキー・イヤー。今大会が開催される3コースをプレーするのは今週が初めてというが、彼のキャディ、ケビン・エンソーがテレビゲームで何万回とプレーしており、それが助けになったという。

大会連覇を狙うブラント・スネデカーは、スパイグラスヒルGCをイーブンパーで回り暫定97位タイと出遅れた。一方で、今大会過去4勝を誇るフィル・ミケルソンは、モントレー・ペニンシュラCCで3ホールを残しているが、現時点で5アンダー7位タイ。この日最後のホールとなった6番(パー5)をイーグルで締めている。

関連リンク

2014年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~