ニュース

米国男子ジ・インターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ジ・インターナショナル
期間:08/02〜08/05 場所:キャッスルパインズGC(コロラド州)

T.パーニスJr.が連日の12ポイントで首位に出た

2001/08/04 09:00

米国男子ツアー「ジ・インターナショナル」の2日目。ポイント制を導入したこの大会は、1ホールで一気にスコアを伸ばすこともあるので順位が激しく入れ替わる。

初日17ポイントを獲得したL.ジャンセンは、なかなかバーディチャンスに付けることができず苦しい展開となり、この日のポイントがマイナス1。通算16ポイントで17位グループに後退した。

<< 下に続く >>

変わって首位に立ったのが初日同様12ポイントを獲得し、通算24ポイントのT.パーニスJr.。初日のパーニスは6バーディ、ノーボギー。この日は5バーディ、3ボギーとスコアにすると4つも悪いのだが、17番ホールでイーグルを奪ったため5ポイントを加算し12ポイントとなった。(下記ポイント表参照)

この日はほとんどの選手がポイントを伸ばし、上位は混戦模様となった。パーニスを追うのは一気に14ポイント伸ばしたS.シンクが2ポイント差の2位。21ポイントではC.リレイが単独3位さらに1ポイント差の4位にはC.ディマルコら4人が並んでいる。

そして、首位パーニスと同じく12ポイント伸ばしたJ.レナードS.ガルシアが通算19ポイントで8位まで浮上した。また、全英オープンに優勝したD.デュバルは、ディフェンディングチャンピオンのE.エルス、現在賞金ランキング2位のP.ミケルソンと並び16ポイントで17位タイにつけている。

<ポイント制とは>
イーグル・・・・・5ポイント バーディ・・・・・・2ポイント
パー・・・・・・0ポイント ボギー・・・・・・-1ポイント ダブルボギー以上・・・・・・-3ポイント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ジ・インターナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!