ニュース

米国男子アドヴィル・ウェスタンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

捲くった! S.ホークが土壇場で逆転優勝

2001/07/09 09:00


米国男子ツアー「アドヴィル・ウェスタン・オープン」の最終日。前日6ストローク伸ばし、首位のD.ラブIIIに1打差まで追い上げたS.ホークが、8バーディのチャージをかけ、逆転で4月のグレーターグリーンズボロ クライスラークラシックに次いで今シーズン2勝目、ツアー通算10勝目を上げた。

初日から首位をキープし、2日目には2位に4ストロークのリードを奪ったラブは、最終日も8バーディを奪った。しかし、ホークとの一騎打ちとなり、17番では共にバーディを奪ったが、最終18番で痛恨のボギー。頚椎の故障からの復活劇を優勝で飾ることはできなかった。

試合の展開はこの2人のデッドヒートで、3位以下は完全に取り残されてしまった。ちなみに、3位にはM.ウィアとB.ジャンブリーが13アンダーで優勝したホークとは8打差もつけられてしまった。

また、3日目にようやく本来のタイガーらしいアグレッシブなゴルフを見せたT.ウッズだが、最終日は3バーディ、2ボギーと波にのれなかった。通算8アンダーの20位タイと平凡なスコアで競技を終えた。2週間後に控えた全英オープンでは、本来の力を発揮することができるのか、少し不安が残る内容だった。

66-74-67-76、これは初日ラブと並び首位でスタートしたP.ミケルソンのスコア。1、3ラウンドが本来のミケルソンなのだが、最終日には4番パー4で8という大きな数字も記録している。現在タイガーに最も近いと言われるミケルソンだが、今シーズン残り2つのメジャーも彼の手には届かないのかもしれない。

日本の丸山茂樹は最終日も3オーバーで通算6オーバーで70位タイ。予選をギリギリで通過した丸山は、決勝ラウンドに入り、2日続けてJ.V.ベルデと共に最下位をキープした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 アドヴィル・ウェスタンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。