ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

P.ミケルソンが6打差リード 独走で最終日へ

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 3日目◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7,216ヤード(パー71)

フィル・ミケルソンの勢いは、決勝ラウンドに入っても変わらない。7バーディ、ノーボギーの「64」と7つ伸ばし、通算24アンダーで単独首位を堅守。リードを6打差に広げ、今季初勝利と大会3勝目に王手をかけた。

<< 下に続く >>

スタートホールの1番で6メートル強を沈めてバーディ発進。昨日の最終18番をダブルボギーフィニッシュとした流れを早々に断ち切った。後半15番からは4連続バーディで締めくくる中、この日のハイライトはスタンドがスタジアム型にかたどられている名物ホール、16番パー3。ピンそば50センチに止まるあわやホールインワンというスーパーショットで、取り囲むギャラリーの大歓声を浴びた。

通算18アンダーの単独2位にはブラント・スネデカー。通算16アンダーの3位タイに、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)とライアン・ムーアが続いている。

<終盤に猛チャージ P.ミケルソンが完全優勝へ>
第3ラウンドのミケルソンはガッツポーズに始まり、ガッツポーズに終わった。2位に4打差をつけて迎えたムービングデー。出だしから4メートルのバーディパットを沈めてこぶしを握り締めると、その後も惜しいパットを続けていった。上がり6ホールで5バーディ。最終18番はティショットを左サイドの池を超えるほど大きく曲げたが、第2打で4.5メートルにつけ、最高の形で締めくくった。

前日2日目に続き、前半は我慢を続けながら後半に猛チャージ。第3ラウンドまでの189ストローク、通算24アンダーはいずれも大会最少タイ。2010年の「ジョンディアクラシック」でスティーブ・ストリッカーが樹立したツアー記録188ストローク、25アンダーのツアー記録に迫る勢いだった。

2位とは6打差。昨年大会ではスペンサー・レビンがこれと同じストローク差をひっくり返されて初優勝を逃した。しかし「このコースは特に、最後まで積極的にいかなければいけない。とにかくバーディを狙っていくこと。全員がそうできるから」と攻める姿勢は失わない。「それは明日(最終日)も同じこと。どんどんバーディを獲っていく」。完全優勝となればツアーではロリー・マキロイが制した2011年の「全米オープン」以来。後続など振り返らずに、ぶっちぎる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!