ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

D.A.ポインツが混戦を制し2年ぶりのツアー勝利

2013/04/01 10:01

◇米国男子◇シェル・ヒューストンオープン 最終日◇レッドストーンGC(テキサス州)◇7,457ヤード(パー72)

テキサスの天候はサンデーバックナインに入ったところで突然崩れ、午後3時52分から約2時間40分の中断を強いられた。3日目を終えて首位から2打差以内に15人がひしめく大混戦を制したのはD.A.ポインツ。10アンダーの3位タイから「66」をマークし、通算16アンダーで2011年の「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」以来となるツアー2勝目を挙げ、11日開幕のメジャー「マスターズ」のチケットも手に入れた。

1打差の2位タイにヘンリック・ステンソン(スウェーデン)とビリー・ホーシェル。さらに1打差、14アンダーの4位タイにダスティン・ジョンソンベン・クレインが入った。

フィル・ミケルソンは通算10アンダーの16位タイ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算4アンダーの45位タイでフィニッシュした。

<2度目のマスターズへ!D.A.ポインツ

2時間以上の中断に入る前に、単独トップの座に着いていたポインツ。2位グループには1打差で、しびれる場面の連続だった。17番ではフェアウェイからのアイアンショットがグリーンを大きくショート。それでも雨上がりのグリーンをしっかりと読み、ピンそば50センチに寄せてパーセーブする。さらに最終18番では3メートルのパーパットを沈めて力強くガッツポーズ。「サンキュー!ヒューストン!」とスタンドに向かって叫んだ。

今季は前週までの9試合で予選通過はわずか2回。しかし「絶対に自分をノックアウトするつもりはなかったし、『今年はもう駄目だな』なんて自分を卑下しない。そんな風に思ったことなんかない」と、沈むことは無かった。少年時代に母からもらったパターを手にしたり、新しくパッティングコーチに習ったりと試行錯誤。「とにかく、うまくいく週を待っていた。それが今週、表現できて本当に良かった」と喜んだ。

今大会は世界ランキング195位で迎え、優勝する以外に「マスターズ」への出場権はなかったが、ゴルフの祭典を目前に控える中で見事に、チケットをつかんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 シェル・ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。