ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

タイガーが接戦を制し今季4勝目! ガルシアは17番で撃沈

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 最終日◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7215ヤード(パー72)

前日サスペンデッドとなった第3ラウンドの残りを終えて、タイガー・ウッズセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ルーキーのデビッド・リングマース(スウェーデン)の3人が通算11アンダーの首位に並んで最終ラウンドへ突入。終盤は三つ巴の争いとなる中、タイガーが通算13アンダーで接戦を制して今季4勝目、ツアー通算78勝目を手にした。同大会の優勝は01年以来2度目となる。

通算11アンダーの2位タイに、リングマース、ケビン・ストリールマン、49歳のジェフ・マガートの3人。ガルシアは、タイガーと首位に並んで迎えた浮島グリーンの17番(パー3)で、ティショットを池に2発打ち込むなど7打を費やし、優勝争いから脱落。ロリー・マキロイ(北アイルランド)らと並び、通算7アンダーの8位タイに終わった。

<ウッズ、母の日の優勝に笑顔>

「彼女はあまり嬉しくないだろうね。特に14番のティショットを見た後は」。母の日のこの日、自身通算78勝目を飾ったタイガー・ウッズだったが、サンデーバック9でのひとつのつまずきを、苦笑いで振り返った。「きっと僕に、14番のティショットで血圧が上がったと文句を言うだろうね。でも、今となっては喜んでいることも確かだけど」。

2位に2打差をつけて14番ホールを迎えたウッズだったが、このホールのダブルボギーで貯金を使い果たしてしまう。だが、15番でバンカーから2メートルに寄せてパーセーブ。続く16番(パー5)でラフからの2打目をグリーン手前のバンカーまで運んで、そこから30センチにつけてバーディ奪取。17番、18番とパーで乗り切り、1打差で勝利を掴んだ。

「厳しい戦いだった。コースはトリッキーだったし、グリーンは速く、難しかった。14番のティショットを除いてほとんどミスはなかった。沢山の良いパットも打てたしね」。

今季4勝目を挙げたウッズ。歴代通算勝利数で1位になるのは時間の問題と思われるが、もうひとつの記録、ジャック・ニクラスのメジャー18勝に迫る、次の15勝目が待たれている。

「今週のようにドライバーをあまり使わず、球を正しい位置に置いていくようなゲームプランは、数週間後のメリオン(全米オープン)と共通点はある?」との問いにウッズは微笑んだ。「良い質問だね。でもメリオンはプレーしたことがない。論理的には良いと思うけど(笑)。でも分からないね」。しかし、その表情は自信に満ちあふれていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ザ・プレーヤーズ選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」練習場LIVE
5月9日(木)から12日(日)までの日本時間の深夜帯にて、“第5のメジャー”とも称されるビッグトーナメントの練習場LIVEを実施。今年で第40回目を数える、PGAツアーで最も重要なフラッグシップ大会の模様をお伝えします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。