ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

来たぞ大本命! 今年もビッグネームが上位で顔を並べる

大会3日目、朝7:30から第2ラウンドを残した選手がいっせいにスタートをきった。そして昨年の全米オープンでメジャーチャンプの仲間入りをした南アフリカのR.グーセンがスコアを伸ばし首位のV.シンに1打差、8アンダーまでスコアを伸ばした。

連覇を狙うT.ウッズはスコアを2つ伸ばし5アンダーでセカンドラウンドを終えた。そのウッズと予選ラウンドを回った伊沢利光は、17番でバーディを奪い4オーバー。最終18番でバーディを奪えば予選通過という状況だったがボギーを叩いてしまい5オーバーで決勝に進むことはできなかった。

日本勢は丸山茂樹が3オーバーで予選を通過したが、伊沢に続き谷口徹片山晋呉が6オーバーで2日間で姿を消すことになった。

そして、決勝ラウンドがスタートし、ビッグネームがスコアを伸ばして来た。もっともスコアを伸ばしたのはT.ウッズだった。2、3番でバーディを奪い、4番パー3でボギーを叩いたがその後はバーディを積み重ねた。後半は10、11番の連続バーディで首位に並び、その後もスコアを伸ばし通算11アンダー首位タイで明日最終日を迎える。

ウッズと並び首位につけているのは、セカンドラウンドでスコアを伸ばしたR.グーセン。その勢いのまま第3ラウンドに進み1番から3連続バーディで11アンダーで首位に上がった。しかし、その後は3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばせず11アンダー止まり、最終18番のボギーが最終日に響かなければ良いのだが。

首位の2人に2打差9アンダーにV.シン、4打差にE.エルスが続いているが、2人とのこの第3ラウンドではスコアを伸ばすことができなかった。そして、エルスと並び7アンダーに上がってきたのがP.ミケルソンS.ガルシアだ。上位6名の内、メジャータイトルを持たない2人が最終日にどこまで追い上げてくるかも注目したい。

日本勢で唯一決勝ラウンドにコマを進めた丸山茂樹は、G.ノーマンとラウンドになった。通常はアウトコース、1番ホールからスタートするワンウェイ方式をとるのだが、2日目のサスペンデッドの分スタートが遅くなったので、丸山などはインコースからとなった。

前半はパー5でスコアを伸ばせず、17番でボギー、18番でダブルボギーを叩き6オーバーまでスコアを落とした。しかし、後半1番で前日に続くバーディを奪うと、3番、8番でもスコアを伸ばし通算4オーバー36位に順位を上げた。

さあ、いよいよ最終日を迎えるのだが、現在首位で並ぶウッズとグーセンの一騎打ちになるか、上位陣が入り乱れての激しい優勝争いか、2002年1つ目のメジャーチャンピオンが決まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。