ニュース

米国男子リノ・タホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 リノ・タホオープン
期間:08/21〜08/24 モントルーG&CC(ネバダ州)

田中秀道が今シーズン初めてのトップ10入りゲット!!

米国男子ツアーの第33戦『リノ・タホオープン』が、ネバダ州にあるモントルーG&CCで開催された。今週は天候に恵まれず、初日から3日連続のサスペンデッドになり、選手にとってはタイトなスケジュールになってしまった。そして、世界ゴルフ選手権のNECインビテーショナルと同時開催ということで、若手プロの活躍が期待された。しかし、優勝したのはベテランのカーク・トリプレット(41歳)だった。

初日、暫定ながら首位になったトリプレットは、3日目にスコアを崩し7位まで後退していた。しかし、最終日は3番ホールから4ホール連続でバーディを奪い勢いに乗ると、その後もバーディを積み重ね9バーディを量産。通算17アンダーで、2000年の「ニッサンオープン」以来2度目の優勝を味わうことになった。

3打差の14アンダーで単独2位に入ったのは、ティム・ヘロン。ヘロンは、3日目に首位に立ったが、最終日にスコアを1つしか伸ばせず優勝を逃してしまった。

今週は日本の田中秀道が活躍を見せてくれた。3日目に11位に浮上した田中は、最終日も落ち着いてスコア伸ばした。通算10アンダーの6位は今シーズン初めてのトップ10入りになった。特に終盤の15番ホールから3連続で伸ばしたのが効いているようだ。

今シーズンの田中は、全米オープンでマークした15位がこれまでの最高位だった。昨シーズンも終盤に好成績を続けシード権を確保したが、今年もこの調子で賞金を獲得してもらいたい。

その他の日本勢だが、丸山茂樹が最終日にスコアを崩したが、2アンダー39位。貞方章男が4オーバー、68位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 リノ・タホオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。