ニュース

米国男子WGC NECインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC NECインビテーショナル
期間:08/21〜08/24 ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

D.トムズとC.ライリーがトップ。ティショットが乱れたT.ウッズは9位に後退

2003/08/23 09:00


オハイオ州のファイヤーストーンカントリークラブで開催中のWGC(世界ゴルフ選手権)のNECインビテーショナル2日目。初日首位に立ったB.カーティスS.ガルシアがスコアを崩してしまい、代わりに4アンダーの5位タイでスタートしたD.トムズとC.ライリーがスコアを伸ばしトップに踊り出た。

D.トムズは2番でバーディを奪った後、6番のミドルホールでは圧巻のイーグル。バック9ではスコアを伸ばせなかったがトータル7アンダー。D.トムズと同組でラウンドしたC.ライリーは初日に続きボギーを叩かない安定したゴルフを展開。前半2つ、後半1つバーディを奪いトータル7アンダー。トップに立った2人は明日も同組でラウンドすることになった。

1打差の6アンダーで追うのは、2日目「62」のベストスコアを叩き出したF.ファンクだ。スタートのミドルホールでいきなりイーグル。その後フロント9で3つ、バック9でも3つバーディを奪い初日の49位から3位にジャンプアップした。同じく3位には「65」の好スコアでラウンドしたV.シンが並んでいる。

注目のT.ウッズはティショットが不調。特に左に曲げてしまうシーンが多かった。ボギーとバーディを交互に奪う展開で17番まではなんとかイーブンパーで凌いできたが18番ホールでプッツン。ティショットを曲げ左のラフへ。フェアウェイに出すだけの2打目は強くヒットし過ぎて今度は右のラフ。木が邪魔にはなっていたものの3打目も乗らず。4打目はロブショットでカップを直接狙うが、グリーンすら捕らえることができなかった。結局このホールはダブルボギーでホールアウト。2日目を終えて、トップと4打差の3アンダー・9位タイはまだまだ優勝を狙える位置だか、ティショットが安定しなければ問題外。先週の「全米プロゴルフ選手権」の悪夢が連想された。

そのほか、日本の伊沢利光は1オーバーの34位タイ。横尾要は4オーバー57位タイにつけている。予選落ちがなく高額賞金の今大会だけに、3日目そして最終日に少しでもスコアを伸ばしておきたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC NECインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。