ニュース

米国男子ボブホープ・クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ボブホープ・クライスラークラシック
期間:01/29〜02/02 場所:PGA ウェスト(パーマープライベート他)(カリフォルニア州)

B.ツエー、S.エイムスが首位。田中秀道は4アンダー34位スタート

米国男子ツアー第4戦「ボブホープ・クライスラークラシック」が、PGAウェスト(アーノルド・パーマーコース)など4会場で開幕した。今週はPGAツアーでも年に2度しかない5日間競技で行われる。4日目までは、プロ1名に対し、アマチュア3名という組み合わせで、予選ラウンドが行われ、最終5日目が決勝ラウンドとなる。

初日に最も多くのギャラリーを集めたのはインディアンウェルズだった。米国を代表するスポーツ・芸能のセレブ目当てに会場に押しかけたギャラリーが目立った。そのインディアンウェルズをラウンドした選手で最もスコアを伸ばしたのは、ベテランのジョン・クックの8アンダーだった。しかし、他のコースでクックを上回る好スコアが飛び出した。

<< 下に続く >>

今大会のメイン会場となる、PGAウエストをラウンドしたステファン・エイムスと、ボブツエーの2人が9アンダーを叩き出し首位に立った。この日PGAウエストをラウンドした選手がスコアを伸ばしており、日本の田中秀道も4アンダー34位と、まずまずのスタートを切った。この日の田中は7つのバーディを奪ったが、ボギーも3つ叩く出入りの激しい内容だった。

今週の日本勢は、貞方章男も出場している。ラ・キンタCCをラウンドした貞方は、スタートの1番でボギーを叩いたが、5番パー5から3連続バーディを奪った。13番パー5でもバーディを奪い3アンダーまで伸ばしたが、14、15番でボギーを叩き1アンダー87位となっている。貞方のラウンドしたラ・キンタが他のコースよりもスコアが悪かったようなので、2日目以降は伸ばしてもらいたい。

今週もタイガー・ウッズアーニー・エルスの姿は見ることができないのだが、デビッド・デュバルD.ラブIIIが今週からシーズンインした。その初日、インディアンウェルズをラウンドしたデュバルは、5番パー5でイーグルを奪い勢いに乗った。7アンダー5位タイは久しぶりの優勝を狙える好位置だ。また、ディフェンディングチャンピオンのフィル・ミケルソンは、2アンダー75位と出遅れている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ボブホープ・クライスラークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!