ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

B.ワトソン、プレーオフの末に涙の初メジャー

◇米国男子◇マスターズ 最終日◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7,435ヤード(パー72)

今季の男子メジャー初戦「マスターズ」、09年以来9度目のサドンデスプレーオフでの決着となり、バッバ・ワトソンが自身初のメジャータイトルを獲得した。2位に続いたのは南アフリカのルイ・ウーストハイゼン。プレーオフ2ホール目でボギーとしたウーストハイゼンに対し、ワトソンは2パットでパーセーブ。優勝を決めるとグリーン上で熱い涙が溢れた。

3位タイには、リー・ウェストウッド(イングランド)、マット・クーチャーピーター・ハンソン(スウェーデン)、フィル・ミケルソンの4人が続いている。

2年連続のローアマチュア獲得を目指した松山英樹だが、最終日は「80」と崩れて通算9オーバー。パトリック・カントレーに逆転を許し、偉業達成はならなかった。

<持ち味を発揮!史上3人目のレフティ王者が誕生>
圧倒的な飛距離を武器に、13番(パー5)から4連続バーディで首位のウーストハイゼンを捕らえたワトソン。通算10アンダーで並んでホールアウトし、勝負はプレーオフにもつれ込んだ。18番で行われた1ホール目は、両者にチャンスをものにできずパーで分ける。続く10番、先に打ったワトソンのティショットは大きく右へ。しかし3番ウッドを持ったウーストハイゼンも同じく右へと曲げた。

勝負の分かれ目はここにあった。ウーストハイゼンの球はファーストカットに止まっていたものの、残り231ヤードの2打目はグリーンに届かず手前の花道。一方のワトソンは、枯れた松葉の上から155ヤードを大きく右に曲がるドローボールでピン下4mへとつけるスーパーショット。アプローチをピン上カラーに寄せるも、パーパットを外したウーストハイゼンはがっくりと膝を折る。それを見たワトソンは、タッチを合わせてファーストパットを30cmに寄せると、沸き返るパトロンを左手で制してから、落ち着いてこのパットを沈めた。

レフティのマスターズ優勝者は、マイク・ウィアー、フィル・ミケルソンに続いて史上3人目。通算4勝目は33歳にして自身初のメジャータイトルで飾った。74ホール目で勝利をつかむと、ガッツポーズをする間もなく、涙があふれる。そしてリッキー・ファウラーら仲間とも抱擁を交わし、喜びを分かち合った。

「まだ夢の中にいるみたいで、夢が叶ったとも言えないよ」。グリーンジャケットをまとったワトソンは、2010年10月に父ゲーリーさんを喉頭がんで亡くし、今季はガン撲滅に関するチャリティの一環でピンクのドライバーを使用している。また、約2週間前にはアンジー夫人と養子(カレブくん、1か月)を迎え、パパになったばかりだった。深い家族愛は、輝かしい勝利となって報われた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。