ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ノーザントラストオープン
期間:02/17〜02/20 リビエラCC(カリフォルニア州)

A.バデリーが4年ぶりの勝利!池田は62位タイ

カリフォルニア州のリビエラCCで開催されている、米国PGAツアーの第7戦「ノーザントラストオープン」の最終日は、朝から快晴で風も穏やかな1日になった。通算10アンダー単独首位でスタートしたアーロン・バデリー(オーストラリア)が、スコアを2つ伸ばして通算12アンダーで優勝を果たした。2007年の「FBRオープン」以来4年ぶりのツアー3勝目となった。

首位と1打差の通算9アンダー2位タイからスタートしたフレッド・カプルスは、スタートから3連続バーディを奪い単独首位に浮上。地元ファンの大熱狂に包まれたが、6番パー3でボギーを叩くと、続く7番ではダブルボギー。結局通算7アンダーの7位タイ、1992年大会以来19年ぶりの大会制覇はできなかった。

同じく2位タイからツアー初優勝を狙ったケビン・ナは、序盤からボギー、バーディを繰り返す慌ただしいゴルフに。それでも、後半は粘りのゴルフを見せて17番で4mのバーディパットを決めて通算9アンダーの単独3位となる。

通算10アンダーの単独2位に食い込んだのは、フィジーのビジェイ・シン。中盤の12番、13番で連続ボギーを叩くが、5つのバーディを奪ったビジェイが、2週間前の「フェニックスオープン」での3位を上回る成績を上げ、好調ぶりを披露した。

そして、日本人選手3名が出場した今大会で唯一決勝ラウンドに残った池田勇太。通算5オーバーの71位タイからスタートし、この日はスコアを伸ばした。13番、15番でボギーが先行するものの、16番、17番で連続バーディを奪うと、後半の1番、2番で再び連続バーディ。

4番でボギーを叩き、迎えた最終9番パー4。これまで3ラウンド全てで最終ホールにボギーを叩いてきたが、この日はピン右奥に2オンさせると、下り5mのバーディパットを決めて右手を握り締めるガッツポーズ。スコアを2つ伸ばして通算3オーバーの62位タイで4日間の戦いを終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。