ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 シネコックヒルズGC(ニューヨーク州)

丸山茂樹は耐えたが、R.グーセンが全米オープン2勝目!

ニューヨーク州のロングアイランドにあるシネコックヒルズゴルフクラブで開催されている、第104回「全米オープン」。丸山茂樹が予選2日間首位をキープし、3日目に4位に後退したが、最終日の巻き返しに期待がかかった。ところが、最終日は丸山を含め各選手スコアを伸ばすどころか、いかにボギーを防ぐかという展開になった。

2連続ボギーでスタートした丸山は、その後バーディを2つ奪ったが、トータル8つのボギーで通算4オーバーの4位タイ。初日の遅れを序々に取り戻し、最終日を最終組でラウンドしたアーニー・エルス(南アフリカ)は、10ストローク落とし、7オーバーの9位タイ。最終日は、28名の選手が2桁オーバーを叩き、スコアを伸ばす選手は現れなかった。

優勝争いは5アンダーの単独首位からスタートしたレティーフ・グーセン(南アフリカ)とマスターズからのメジャー連覇を狙うフィル・ミケルソンに絞られた。トラブルにも冷静な対応で首位をキープしていたグーセンが14番ホールで、この日4つ目のボギーを叩き3アンダーに後退。その頃、1つ前の組でラウンドしていたミケルソンが15、16番で連続バーディを奪い、ミケルソンが1打リードした。地元米国のギャラリーが今大会一番盛り上がったのはこの瞬間だった。

1打リードして、残り2ホール。メジャー2連勝という雰囲気になったが、続く17番ホールでミケルソンは自滅してしまう。パーパットがショート。続くボギーパットはカップをかすめてダブルボギー。16番でバーディを奪ったグーセンと再び立場が逆転した。最後まで冷静なゴルフを維持したグーセンがミケルソンに2打差の4アンダーで、2001年以来の「全米オープン」2勝目を飾った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。