ニュース

米国男子ビュイックインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ビュイックインビテーショナル
期間:02/05〜02/08 場所:トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

首位にJ.ロリンズが浮上! C.ビジェガス、今田は後退

カリフォルニア州のトーレパインズGCで開催されている、米国男子ツアー第5戦「ビュイックインビテーショナル」の3日目。ジョン・ロリンズが通算12アンダーとし、最終日を前に単独首位に立っている。

前日、単独2位に浮上してきたロリンズ。多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、前半6番まで、リズミカルに3つのバーディを奪い首位に立つ。後半は終盤に入ってから2バーディ、3ボギーと今ひとつ伸びを欠いたが、前半の貯金が効いて通算12アンダー。単独首位で最終日に臨む。

<< 下に続く >>

首位で3日目を迎えたカミロ・ビジェガス(コロンビア)。序盤はパーで凌いだが、7番でボギーを叩くと、9番では痛恨のダブルボギー。後半に入ってすぐ2つスコアを戻したが、14番でまたもボギーを叩き、通算9アンダーの単独2位でホールアウト。3ストロークの差をつけられたが、逆転の可能性は十分。初日以来の爆発が待たれる。

通算7アンダーの単独3位にはニック・ワトニー。続く通算6アンダーの4位タイにはルーク・ドナルド(イングランド)とポール・ゴイドスが並んでいる。フィル・ミケルソンは通算1アンダーの20位タイに後退。今田竜二は序盤の連続ダブルボギーが響き、通算1オーバー。36位タイに順位を下げてホールアウトした。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ビュイックインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!