ニュース

米国男子ドイツバンクUS選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ドイツバンクUS選手権
期間:09/02〜09/05 TPC of ボストン(マサチューセッツ州)

オリン・ブラウンが混戦を制して6年ぶりの勝利!タイガーは40位タイ

マサチューセッツ州、TPC of ボストンで開催されている、米国男子ツアー第36戦「ドイツバンクUS選手権」の最終日。5人が首位タイに並んでスタートするという混戦を制し、通算14アンダーで優勝の栄冠を手に入れたのがオリン・ブラウンだ。

トップタイからスタートしたブラウンは、この日も5バーディ、1ボギーと、クレバーなプレーでスコアを4つ伸ばすことに成功。ほかの上位陣が伸び悩む中、スルスルと抜け出して勝利を掴んだ。46歳ベテランのブラウンは、今年の「全米オープン」で、初日、2日目を首位につけ活躍した選手。1999年「マスターカードコロニアル」以来6年ぶり、ツアー通算3勝目を飾った。

さらに単独2位には、ジェイソン・ボーンが通算13アンダーで入り、これに続く3位にはヴォン・テーラーが3つスコアを伸ばして、通算10アンダーで食い込んだ。

そのほかの選手では、3日目に首位タイに立っていた、カール・ペターソン(スウェーデン)が、スコアを1つ落として通算9アンダーの4位タイ、同じくトップからスタートしたジョン・ロリンズビリー・アンドレードも、4つスコアを落として通算6アンダーの15位タイでホールアウトしている。

また、最終日のチャージが期待されたタイガー・ウッズだったが、この日も波に乗れずじまい。4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーとスコアを伸ばせず、通算3アンダーの40位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ドイツバンクUS選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。