ニュース

米国男子EDSバイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2006年 EDSバイロンネルソン選手権
期間:05/11〜05/14 場所:TPC at フォーシーズンズリゾート&コットンウッドバレイ(テキサス州)

T.イメルマンがトップタイに浮上!日本勢の今田竜二、丸山茂樹ともに18位タイ

テキサス州にあるTPC at フォーシーズンズリゾート&コットンウッドバレイで開催されている、米国男子ツアー第19戦「EDSバイロンネルソン選手権」の3日目。トップに並んだのが、トップタイからスタートしたオーストラリアのアダム・スコットと、8位タイから浮上のトレバー・イメルマン(南アフリカ)。通算11アンダーまでスコアを伸ばし、トップを並走している。

この日、一気に6つ伸ばして急浮上してきたのが、イメルマン。バーディで発進したイメルマンは、4番からも連続バーディを奪取するなど波に乗り、その後もコンスタントにバーディを奪取。ノーボギーと安定した内容で、通算11アンダーまでスコアを伸ばし、トップタイからスタートしたものの、1つしかスコアを伸ばせなかったスコットに並なんだ。

<< 下に続く >>

40位タイからスタートした丸山茂樹もジャンプアップ。この日4バーディ、1ボギーと3つスコアを伸ばして、スコアを3つ伸ばして通算4アンダー。18位タイまで浮上している。もう一人の日本勢、今田竜二は、14位タイからのスタートだったが、この日はパーが続く展開。1バーディ、ノーボギーと我慢の1日。結果、丸山と同じ18位タイに少し順位を落としたものの、最終日の巻き返しに注目が集まる。

また、単独の3位には、通算10アンダーとトップに1打差で、トップタイからスタートしたブレット・ウェッタリック。4位タイにはチャド・キャンベルやジョー・オギルビーなど通算8アンダーで4人が並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 EDSバイロンネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!