ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

“ヒデキの庭”の17番 勇気と技術が問われる左奥ピン

2020/01/30 07:25


TPCスコッツデール 17番パー4 (332yd)

突然ですが、2月2日(日)にはNFLの祭典「スーパーボウル」が開催されます。PGAツアー通の方なら、これだけでピンとくるかもしれません。米国最大のスポーツイベントと同週の月曜日から、ゴルフファンにとってのお祭りはすでに始まっています。ツアー随一の集客を誇る「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」。アリゾナ州の砂漠地帯にあるTPCスコッツデールには、一週間で60万人を超えるギャラリーが押し寄せます。

<< 下に続く >>

松山英樹選手がメチャクチャ強い試合」として記憶しているファンの方も多いと思います。2016、17年と大会を連覇。過去21ラウンドでオーバーパーを打ったことがありません。そのうちアンダーパーを記録したのが20回ですから、PGAツアーのキャディや関係者の間で「ヒデキの庭」とささやかれているのも納得ですね。

ホールの全周をギャラリースタンドが囲む、スタジアムホールこと16番(パー3)が有名ですが、今週ピックアップするのは、僕にとってひときわ思い出深い17番。4年前と3年前、いずれも松山選手がプレーオフで優勝を決めたホールですから。

1オンも可能な距離でありながら、本当によく考えて設計されています。選手たちは、基本的に280yd地点のフェアウェイ真ん中に配置されているバンカーを越えるティショットを打っていきます。厄介なのは、グリーン左から奥にかけて広がる池。2016年大会の最終日、単独首位に立っていたリッキー・ファウラーは1Wショットを奥の池に入れ、松山選手がバーディを奪って追いつきました。リッキーはプレーオフでも3Wで左の池に打ち込み、結果的にそれが勝敗を分けました。

池を警戒してティショットで右に逃げれば、中途半端な距離が残るガードバンカー。バンカーまで曲がらなかったとしても、右からは全体傾斜が下っているため、左足下がりの難しい寄せを強いられます。グリーン自体も右サイドが一番高いため、右からのアプローチは全て下り。ギリギリを狙って少しでも弱ければ、全て戻ってきてしまいます。

2017年、松山選手は左奥にピンが切られた17番でバーディを奪い、ウェブ・シンプソンとの4ホールに及ぶプレーオフを制しました。ピンポジションが左手前のときはまだ易しいのですが、この左奥ピンは本当に難しい。手前のマウンドを越えると、そこから池に向かってダウンスロープになるため、突っ込みすぎれば池に吸い込まれていきます。ティショットの勇気とアプローチの技術に注目して、ご覧ください。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2020年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!