ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

【WORLD】パーティー大好き!N.コルサート

Golf Wolrd(2012年11月5日)texted by Tim Rosaforte

コルサートのワイルドな一面が浮き彫りとなったのは、ホセ・マリア・オラサバルが彼を主将推薦で欧州チームに参加させてからのことだった。ニューヨークタイムス紙のインタビューを受けた際、ライダーカップ出場以前のライフスタイルについて「きっと皆が想像している通りで、今よりも酷かった」と話し、メダイナでは「死の世界から戻ってきたように思うくらい」と語っている。フライズ・ドット・コム・オープン前に収録されたゴルフチャンネルでのインタビューでも同様にコメント。アメリカ選抜に逆転して勝利したライダーカップ後の祝勝会について聞かれると、「これまで自分はパーティー慣れしていると思っていたけれど、(祝勝会は)人生の中でもトップ3に入るほど良いものだった」と話す。

パーティーについて話を掘り下げて聞いてみると、彼は自身を“クローゼットDJ”と形容する。「音楽は昔から大好きで、以前はクラブミュージックが好きだった」、「自分の中にロックンロール的な感性があるのを感じていたけれど、ブリュッセルのアンダーグラウンドシーンでは風変わりに思われることも多くて」と語ってくれた。

<< 下に続く >>

10代の頃はフレッド・カプルスの冷静沈着な振る舞いに感化され、欧州の中でも天才と称された。1997年と99年にはジュニア・ライダーカップメンバーとしてライダーカップを見学。アマチュアながらチャレンジツアーイベントで優勝争いに絡むと、ルクセンブルグ・オープンでもプレーオフの末に敗れたが健闘。18歳の時、史上2位の若さで欧州ツアー出場権を獲得したが、2001年の賞金ランキングは172位でフィニッシュ。挫折を味わった。

26歳までは、大会が終わるとパーティーに明け暮れる生活を送り、2008-09シーズンの冬、世界ランキングで1305位にまで順位を落としてシード権も失った。しかしその時、神からの啓示のような出来事が起こったという。「テレビで優れた選手のプレーを見ていた時に気がついたんだ」。

彼は父親のパトリックと話し、今すぐにベルギー、ひいては欧州から出て修行をする必要があると直訴。それからオーストラリアにあるA級のインターナショナル・ゴルフ・アカデミーに入塾した。毎朝6時に起床し、連日トレーニングか、ボールを叩く日々だけを送ったという。効果はすぐに表れ、チャレンジツアーで2勝、同ツアー賞金ランキング3位の好成績を挙げる。父パトリックは「帰ってきた息子を見て、友人達は『本当に変わった』と言っていました」とメダイナで、その変貌ぶりを語った。

11月14日に30歳の誕生日を迎えたコルサートは、一度は抜け出したナイトライフを再び満喫している。自分自身を見つめ直し、コーチとしてデイブ・ストックトンとボブ・ロッテラ博士を雇い、世界ランキングでも33位に浮上した。

中国で開催された「WGC HSBCチャンピオンズ」では54位タイに終わった彼は、その後ドバイで開催された欧州ツアー最終戦まではアジアに滞在し、その後は南アフリカ、タイ、ブルネイでプレーして一年を終えた。長期的なプランとして、今後フロリダのパームビーチ郡での定住を真剣に検討。洒落た都会育ちとしての人生を送るというサインなのだろう。

「自分が歩むべき人生を送れていなかった。でも、どうにかして本来自分が求めていたことを追い求められる環境に戻れた。これまでは自分の人生ではない生き方をしてきた。だから今のポジションを手にすることが出来て、自分自身を誇りに思う」。パーティ人生は、ようやく本格化してきたばかりだ。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!