ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/17〜01/20 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

男子開幕戦Vの“ジャズ” ミズノ製アイアンはケプカ愛用の後継モデル

大会名:SMBCシンガポールオープン
日時:2019年1月17日(木)~1月20日(日)
開催コース:セントーサゴルフクラブ (シンガポール)
優勝者:ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)

首位と1打差の2位から最終日を出たタイの23歳、ジャズ・ジェーンワタナノンドが「65」で回り、通算18アンダーで逆転優勝を飾った。4日間72ホールを通して22バーディ、4ボギーと安定感抜群のプレーで、アジアンツアー通算3勝目を手にした。タイ期待の新星は日本ツアーメンバー登録を早々に済ませ、今年は日亜ツアーを掛け持ちする見込みだ。

11月の欧州ツアー「ホンマ香港オープン」は109位タイで予選落ち。「香港ではあまり良いプレーができなくて、そこからピート・コーウェンコーチに習いはじめ良くなってきました」と、オフシーズンに徐々に調子を上げていった。

優勝カップとともに「全英オープン」の出場権を手にし、「タイのプレーヤーとして初めてメジャーを取りたい」と夢を語るジャズがそろえる14本は、ピン、テーラーメイド、キャロウェイ(オデッセイ)、ミズノ、タイトリストの5メーカーが混在。1本1本に対するこだわりがうかがえるセッティングだ。

ミズノ製のアイアンは、2018年発売の米国限定モデル「JPX 919ツアーアイアン」。ブルックス・ケプカの「全米オープン」連覇(17、18年)を支えた「JPX 900ツアーアイアン」の後継モデルで、昨年10月の米国ツアー開幕戦「セーフウェイオープン」で初優勝したケビン・ツエー、欧州ツアー2勝のエディ・ペパレルら複数の海外選手が使用している。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:ピン G400 ドライバー(8.5度)
※シャフト:三菱ケミカル TENSEI CK オレンジ ウッドシャフト(60-TX)
フェアウェイウッド:テーラーメイド M2 TOUR フェアウェイウッド (T3 13.5度)、キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ フェアウェイウッド(5番18度)
ユーティリティ:キャロウェイ X フォージド UT アイアン(24 度)
アイアン:ミズノ JPX 919 ツアーアイアン(5番~PW)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザイン SM7 ウェッジ(50度、54度)、タイトリスト ボーケイデザイン ウェッジ プロトタイプ(60度)
パター:オデッセイ オー・ワークス パター #1W
ボール:タイトリスト プロV1ボール

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。