ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子の270ヤードドライブには、インパクトに秘密が!?

2013/03/27 09:23


「週刊ゴルフダイジェスト」(4月9日号)より

今期絶好調の森田理香子。身長は164センチだが、決してものすごいパワーがあるようには見えない。270ヤードも飛ばすそのスウィングには、どんな秘密が隠されているのか? 週刊ゴルフダイジェストの特集で研究し、アマチュアにもその飛距離が可能なのか、考察している。

森田のヘッドスピード45m/sというと、一般男性の平均よりも少々速いレベル。しかし、同程度のHS(ヘッドスピード)は出せても、森田のように270ヤード飛ばせるアマチュアは少ない。

「HSは変わらないのに、一般男性よりも女子プロのほうが遠くに飛ばせるのは、効率のよいインパクトをしているからです」と言うのは、最新のスウィング理論に精通するプロコーチの永井延宏だ。

「インパクト効率=ミート率で、ヘッドのエネルギーがどれだけ効率よくボールに伝わっているか、ということ。ボール初速をHSで割った数値がミート率で、計測器によって差が出ますが、一般アマで1.3台、トップアマやプロだと1.4以上が平均値。森田選手の1.48は、理想とされる1.5に近く、プロのなかでもかなりインパクト効率の高い選手と言えます」

同じHS45m/sでも、ミート率がアマ平均値の1.3だと、ボール初速は58.5m/sまで落ちてしまう。ボール初速の約4倍が飛距離の目安なので、234ヤードしか飛ばない計算だ。森田との差は36ヤード。かなり大きな差だ。永井は言う。

「仮に、HS40m/sでミート率が1.3から1.4にアップすると、ボール初速は4m/s上がり、飛距離が約16ヤード伸びる計算になります。森田選手のような効率のよいインパクトを手に入れれば、現状の体力と筋力で、大きな飛距離アップも可能なんですよ」

少しでもヘッドスピードを上げて飛ばそうと必死になって振り回すよりも、インパクト効率を上げることが重要。森田のスウィングは、それを教えてくれている。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。