ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

今週、日本女子オープン! 日本人は勝てる?

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年10月9日号)より

ようやく秋らしい気候となり、プロトーナメントもいよいよ終盤戦に入っていく。賞金王争いも気になるが、注目されるのが「ナショナルオープン」タイトルの行方だ。

9月27~30日の「日本女子オープンゴルフ選手権」を皮切りに、10月11~14日には男子の「日本オープンゴルフ選手権」が、そして10月25~28日には「日本シニアオープンゴルフ選手権」開催される。プロアマ問わず、今年のゴルファーNo.1を決定するトーナメント。誰もが優勝を熱望し、照準を合わせてくる大会だ。

「週刊ゴルフダイジェスト」10月9日号では、今週行われる「日本女子オープン」の見どころを解説している。近年、韓国をはじめとするアジア勢が台頭している女子トーナメントだが、昨年は馬場ゆかり、一昨年は宮里美香と日本人が連覇していて、今年も日本人選手の活躍が期待されるところ。日本女子プロ選手権を含む今季3勝を挙げて賞金ランク3位(9/23現在)の有村智恵をはじめ、復活優勝を狙う横峯さくら、世界を舞台に活躍する宮里藍宮里美香らに期待がかかる。

しかし、他にも日本人選手のライバルはたくさんいる。今大会にはなんと、世界ランク上位が大挙出場するのだ。ヤニ・ツェン(1位)、チェ・ナヨン(3位)、フォン・シャンシャン(4位)、シン・ジエ(5位)ら、世界のメジャーを獲ったプレーヤーがズラリと揃い、“ゴルフなでしこ”たちと相対する。そんな“メジャー級”の戦いが大きな見どころだという。
さらに注目なのが、厳しいセッティングとなるコースとの闘いだ。舞台となる横浜CC所属の藤田大プロは、「今回使用される西コースはフェアウェイが狭く、ラフは密生度が低いため、ボールが草の下に潜りやすい構造」であるだけに「優勝の鍵はフェアウェイキープ」だと語る。

実際に開催直前のコースはラフがかなり深く、ティショットをラフに入れてしまえば、パーオンさえ難しくなる状況。それだけに、バーディが欲しい6番や15番、18番などパー5のホールは、“メジャー級”選手に飛距離で負けても正確性で対抗する日本人選手にもチャンスがありそうだ。

さらには11番パー3。グリーン左のバンカーは深く、グリーン自体が左から右に大きく傾斜しているため、入れたらピンに寄せるのは難しい。「18ホール中、もっとも難しいバンカーではないでしょうか」と藤田プロが語るように、選手たちを苦しめる“罠”は数多い。

果たして、この厳しい戦いを誰が制するか。開幕が待ち遠しい。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク

2012年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。