ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ契約ブランドのUT。その実力は?

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「ゴルフギア探検隊」(4月30日号)より

数々の中古ショップの立ち上げに参加し、ゴルフグッズ制作にも携わるゴルフ道具研究家の児山和弘が、ゴルフギアをシビアに評価する。今回はアダムスゴルフの「『アイディアテックV4』ハイブリッド」を取り上げている。

アダムスといえばトム・ワトソンやヤニ・ツェンなど、海外のトッププロが契約しているメーカー。アメリカでは普通の価格帯で近年急成長。とくにハイブリッドと呼ばれる日本でいうユーティリティの評価が高く、米男子ツアーではプロの使用率ナンバーワンを誇っている。テーラーメイドの傘下に入ったことをきっかけに、今年から日本でも大々的なセールス展開をするようで、先ごろジャンボ尾崎との契約も発表された。今年もっとも注目されるブランドだ。

アダムスのハイブリッドは、ソールだけとクラウン部に溝が入っているのが大きな特徴だ。この「アイディアテックV4」は、クラウンとソールの溝を貫通させる「カットスルーVST」設計。貫通した部分はTPU(サーモプラスチックウレタン)製のバッジで密閉されているが、これによりドライバー並みの高反発性能になっているという。こうして説明していても、その奇抜なアイデアに驚かされる。

構えてみると太い溝がはっきり目立つ。溝を目標方向に向けるとフェースはクローズになり、フェースのスコアラインを目標方向に合わせると、溝が少し右を向いてしまう。つまり、溝とフェース面が平行になっていないので、スクェアに構えることにこだわるゴルファーは戸惑うかもしれない。弾道解析器「FORESIGHT GC2」での計測結果では、バックスピン量も適正にあり、決まった距離をしっかり打てる感じ。ウッドに近いヘッド形状だが、アイアンのようにダウンブローに打ったほうがよい結果が出る。打点のズレにも寛容だ。

特筆されるのが、スチールのRシャフトに「NS PRO 950GH」よりも数グラムほど軽量な「NS PRO 850GH」を採用している点。ご存知のように「NS PRO 950GH」は、アイアンシャフトに多く採用されているシャフトだが、ユーティリティも「950GH」にしてしまうと、セッティングの重量の流れとしては重すぎるきらいがある。

この「NS PRO 850GH」は、アイアンに「NS PRO 950GH」を使用するゴルファーの多くにマッチするだろう。きめ細やかなメーカーの配慮が嬉しい。

●こやまかずひろ:ゴルフ道具研究家。数々の中古ショップの立ち上げに参加、ゴルフグッズ製作にも携わる。オモテもウラも知る、ギア&グッズどっぷりのゴルフボーイだ。1974年広島生まれ。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!