ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

洗濯バサミでショートパットが上手くなる!?

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「考えないパッティング。」(4月23日号)より

ショートパットを外したときに「いま頭が動いてたよ」といわれたことはありませんか。多くのゴルファーは「頭が動く=ミスショット」だと思っています。

でも、本当にそうなのか、実際に確かめてみてください。まず洗濯バサミをキャップのツバ中央に留めて、振り子のペンシステムで打ってみましょう。ストローク中、常に洗濯バサミが視界に入るので、頭がどんなふうに動いているかが一目瞭然です。首のつけ根(背中側)を支点にして、振り子の要領でストロークすれば……洗濯バサミは動きますよね。

逆に洗濯バサミが1ミリも動かないように打つと、左わきを大きく開けないとフォローがつまるのがわかります。そう、首の付け根を支点にして振り子式で打つペンシステムは、首を左右に傾げるように頭を動かさないとスムーズにストロークできないのです。一方、スライドシステムは頭を止めても手がスライドするのでスムーズにフォローを出せます。

ただし、どちらの打ち方も洗濯バサミが前後や左右にスライドするように動くと支点の首のつけ根が前後左右に動いている証拠。ヘッドの微妙なブレが影響するショートパットでは、支点は絶対動かさないようにストロークしたいですね。

● 解説/石井忍(いしいしのぶ)
ツアープロ。ペルツやストックトンのようにアプローチ&パットレッスンに特化した日本初のプロコーチ。近年は金田久美子などのプロや学生を教える。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!