ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「ゴルフに重要な“間”は、ときに悪魔の“魔”になる」

2013/02/14 22:45


「週刊ゴルフダイジェスト」(2月26日号)より

ことゴルフに限るなら、時間とはリズムやタイミングのこと。空間とは、三次元にクラブが動くスウィングプレーンのこと。人間とはフィジカルのみならず、メンタルも含めての人。そして仲間とは一緒にラウンドする者たちであったりキャディであったり、ライバルであったり。

それら全部を含めて、棚網良平プロは“間”と呼んだ。そして、そのゴルフにも重要な間は、「ときに悪魔の魔にもなる」というのが口癖だった。

<< 下に続く >>

週刊GDの特集では、スウィングの「切り返し」と「間」についての研究を行った。その中から、昨年、惜しまれつつ逝去した棚網プロの、先の言葉の意味を検証している。

中学1年から高校3年までの6年間指導を受けた江連忠プロは、少しでも切り返しのタイミングが速いと、「そういうのを間抜けというんだ」と叱責され、アドレスのポジションが悪いと「その構えを間違いというんだ」と注意を受けた。そして「約束の時間を守るという意味だけでなく、間に合うということがいかに大事か。それはゴルフでも人生でも同じだ」と、諭されたともいう。

たとえば、そんな“間”を重要視した棚網の教えに「距離に立て」というものがある。曰く、多くのゴルファーはボールに対して構えるが、間に合うアドレスとはターゲットに対して構えること、だと。特にパッティングの構えについては「ボールではなくホールに構えろ」と言った。10メートルのパッティングと3メートルのアドレスは厳密には違い、それが「間に合う」ことだ、というわけだ。

「カップの先を見ないから届かない。その先には次のホールも、明日もある」

とも言った。ボールに構えてもダメ、カップにこだわってもダメ。それでは、すでに始まっている勝負は“間に合わない”ということだろう。

●棚網良平(たなあみ・りょうへい)
戦前は東京GC、戦後は相模CCと名門コース所属プロとして活躍。60年、大逆転での日本プロ優勝は語り草である。数多くのプロを育てる江連忠の師匠。昨年91歳にて逝去した。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!