ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

遼くんもお試し中! マクロイ式“逆ひねり”とは?

2013/02/12 23:23


「週刊ゴルフダイジェスト」(2月26日号)より

「飛ぶって評判のデカヘッドドライバーに買い換えたけど、使いこなせないんだよね……」こんな悩みに共感するゴルファーも多いのでは?

近年、ドライバーは飛距離と方向性を求めてどんどん大きくなった。しかし、「このヘッドの大型化が、ときにゴルファーを悩ませることがある。ヘッドの小さなドライバーに比べて、デカヘッドは球がつかまりづらい。これを打ちこなすには、ちょっとしたコツが必要なんです」と、吉田一誉プロは解説。そのスウィングを週刊GDの特集で“逆ひねり”と表し、レッスンを展開する。その基本ポイントを紹介しよう。

<< 下に続く >>

「その答えは、ローリー・マクロイのスウィングにあります。ジュニア時代からデカヘッドに慣れ親しんだ彼のスウィングには、球をつかまえる要素が詰まっています。そのなかから次に挙げる3つの動作をマネしてほしいのです。それができれば、最新モデルの性能をフルに生かすことができるはずです」と吉田プロはアドバイスする。

■ インパクト直前に右脚を伸ばす

ダウン以降、腰は左に回転していくが、右脚を伸ばすことで一時的に腰の動きを止める。そうすることでヘッドは加速し、球をつかまえることができる。

■ 手首の角度を変えずに振る

デカヘッドを打ちこなすためには、フェースローテーションを極力少なくする必要がある。そのためには、アドレス時の手首の角度を変えずにスウィングすることが大切。

■ 右腕を伸ばしたまま使う

自分の意識としては、右腕を伸ばしたままスウィングする(実際には曲がる)。そうすることでフェースの開閉が抑えられ、クラブと体の距離が変わらない安定した動きになる。

米ツアーに挑戦中の石川遼も試しているという“逆ひねり”打法。マクロイをお手本にしてデカヘッドを使いこなそう。

●解説/吉田一誉プロ
週刊GD企画「飛ばし屋本舗」でおなじみの飛ばし屋プロ。大阪が拠点に、飛距離を伸ばすレッスンを展開中で、近々、東京でもレッスンを開講予定だ。ゼロシャイニングゴルフレッスン【http://www.zeroshining.jp/】

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!