ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

冬場の練習「チーピン直したいなら軍手で振れ」!?

2013/02/07 00:00

「週刊ゴルフダイジェスト」(2月19日号)より

寒い季節は、ラウンドの回数が減るだけでなく練習場に行くのも億劫になる。しかし、そんなときこそしっかり練習しておくことが大切、とシングルゴルファーたちはいう。そこで「週刊ゴルフダイジェスト」では、シングルさんたちが自宅で練習場で、こっそりと行なっている練習方法を取材し、そのヒントを多数公開している。

* * *

<< 下に続く >>

「冬場の練習って寒いじゃないですか。そのとき、たまたま軍手があったんで、はめて打ってみたらビックリ! 悪癖のチーピンが出なくなったんです。きっと手首の動きが使いにくいからでしょうね。カッコ悪いですけど、チーピン持ちの人、手首の動きを抑えたい人にはいい練習だと思いますよ」

と話すのは、300ヤード近くを飛ばすアマチュア・河野豊さん(HC3.1 37歳)。冬場に友人と練習にいった河野さん。寒さしのぎに持っていた軍手をはめて打ったら思い切り振っても真っ直ぐしか飛ばなかったという。

軍手は分厚いので、手首のムダな動きが抑えられる。リストターンはもちろん、フォローで左手首が甲側に折れる動きなども消えたので、チーピンや引っ掛けの矯正法としては最適だという。

さらに河野さんは、ムダな力を抜いてヘッドを走らせたいときにはゴム手袋を使うという。

「すべらないから、やさしく握れて、力みが自然にとれるんです」

河野さん以外にも、100円ショップで練習器具を揃えるシングルの主婦や、8種類のアイテムで冬場で素振りで自主トレをするゴルフ歴4年で平均スコア80のアマなども。アイデアひとつで劇的に上達する、とっておきの練習方法はたくさんあるものだ。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!