ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

いいゴルフ人生を送る“ひらめき”とは?

2012/12/27 16:40

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「とにかく80台で回りたいんだ!」(2013年1月8・15日号)より

大のゴルフフリークとして知られるコラムニスト・木村和久氏は、これまで多くのプロのレッスンを受けてきたが、なかなか上達せず悩んできた。しかし、その「プロの教え」にバカ正直に従うのではなく、様々なレッスンのエッセンスを取り入れながらも、アマチュアなりに工夫して楽しみながら上達するほうがいい、と「89ビジョン」(彼はそう呼んでいる)を提唱、誌面で紹介している。その中から、彼が説く“ゴルフ練習の極意”を紹介しよう。

「ゴルフが上手くなりたかったら、練習しろといいますが、それは練習回数を増やし、スキルアップし、フォームが固まることと、微妙に違ってきます。もちろん反復練習は大事ですが、それよりも練習をしているあいだに、新しい技や工夫がひらめくか。それがあるかないかで大きな差が出ると思います。

最近週2~3回のペースで練習していますが、その練習が凄く楽しいのです。今日はどんな按配で工夫をしようかとね。たとえば苦手な6番アイアンをどう打つか。最近当たりが薄いので、あくまでもイメージですが、縦振りから横振りに変えてみたり、スタンスを狭く、そしてグリップを短く持ってみたりとか、あ~でもない、こ~でもないと打っていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

そして何パターンか試行錯誤して、これだと思ってフォームを固め、何回か実戦風に打ってみる。すると飛ぶには飛ぶが、今度はシャンクが出るようになった。じゃあシャンク防止に、何か工夫して練習をするか、いやいっそ6番アイアン相当のユーティリティに替えようか、とやりくりして大忙し。気分はF1レースのピットクルーぐらいの、せわしなさですか。

練習した後、いよいよラウンドとなりますが、それが単なる親睦コンペでも、自分にとっては、新しい打法の試し打ち大会になるわけで、頭のなかはF1でいったら、テストドライバーくらいの興奮でしょうか。

結果をいうと、10個新しいアイデアがひらめいて実戦で使えるのが、ひとつあればいいほうですよ。そして練習場だけで、ひらめこうとすると、煮詰まってしまいます。そこで雑誌などのメディアを使って情報収集するわけです。

この練習→ひらめき→実践→修正→ラウンド→コンペで勝って豪華景品ゲットの連鎖を進めていくと、ゴルフ人生がいい方向に好循環しだすんですよね。」

こうした話には、ともに連載を担当する漫画家・福本伸行さん(「カイジ」「アカギ」などの作品で著名)も納得。2013年も2人で「89ビジョン」の実践が続く・・・。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。