ニュース

米国男子パルメット選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 パルメット選手権
期間:06/10〜06/13 場所:コンガリーGC(サウスカロライナ州)

2021年 パルメット選手権
期間:06/10〜06/13 場所:コンガリーGC(サウスカロライナ州)

欧米ツアー初優勝者が浮上 松山英樹15位/男子世界ランク

男子ゴルフの13日付け世界ランキングが発表され、「パルメット選手権」でPGAツアー初優勝を飾ったガリック・ヒーゴ(南アフリカ)が54位から自己最高39位に上がった。

欧州ツアー「スカンジナビア・ミックス」でツアー初優勝のジョナサン・コールドウェル(北アイルランド)は456位から210位へジャンプアップを果たした。

<< 下に続く >>

1位ダスティン・ジョンソンをはじめ、上位勢に大きな動きはなし。パトリック・リードが9位から8位へ、ティレル・ハットン(イングランド)が11位から9位へ浮上。ブルックス・ケプカが10位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は11位に下がった。

日本勢は松山英樹が15位のまま。星野陸也が78位、金谷拓実が85位でともに1ランクダウン。「スカンジナビア・ミックス」7位の川村昌弘は198位から184位、「パルメット選手権」19位の小平智は321位から296位となった。

17日開幕の海外メジャー「全米オープン」後のランキングをもとに東京五輪ゴルフ競技の各国男子代表選手が決定。米国勢はオリンピック欠場の意向を示しているジョンソンを除き、2位ジャスティン・トーマス、4位コリン・モリカワ、5位ブライソン・デシャンボー、6位ザンダー・シャウフェレが圏内で最終戦へ。日本からは松山、星野に加え、157位の石川遼、336位の浅地洋佑が出場する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パルメット選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!