ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ぶっ飛びルーキー C.チャンプのこだわりは“4分の1インチ”

2018―19年シーズンの幕開けとともに絶大な注目を集めるプレーヤーがいる。23歳のキャメロン・チャンプは昨年秋に下部ウェブドットコムツアーから昇格。ルーキーとして臨んだ昨年10月末の「サンダーソンファームズ選手権」でいきなり初優勝を遂げ、今週ハワイでの「セントリートーナメントofチャンピオンズ」に乗り込んできた。

最大の魅力は、その驚異的な飛距離性能。今季のドライビングディスタンスはここまで平均328.2ydでトップを走る。身長183㎝と決して大柄ではないが、抜群のパワーから1Wのヘッドが3カ月に1回のペースで破損し、交換せざるを得ないというのも事実だ。

チャンプはピンゴルフと用具契約を結んでおり、現在はG400 マックス ドライバーを使う。実はコレにもストーリーがある。ツアー初勝利を飾った昨年、その大会最終日の朝に練習場でヘッドが割れてしまい、スペアで持っていたモデルを急きょ握った。

ヘッド体積は460㏄とシリーズのうちで最も大きい一方で、シャフト長については「大学(テキサスA&M大)4年の時からスタンダードのものよりも4分の1インチ短くしている」とか。「飛距離は十分。ショットが少しでも安定することを目指した結果」だという。

ちなみにボールは住友ゴム工業のスリクソンZ-STAR XV。PGAツアーのピン使用選手は多くがタイトリスト製を使うが、こちらもチャンプの大学時代からのこだわり。「風の中での弾道の安定感が好き。ショットの方向性と安定感が僕にとっては重要なんです」。期待のルーキーは、飛ばしだけに特化しているわけではない。

おすすめ記事通知を受け取る
ピン
体積460ccでMAXブレない
発売日:2018/03/08 参考価格: 68,040円

関連リンク

2019年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。