ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹がパター変更後に「マスターズ」制覇

2021/04/19 19:10


オーガスタナショナルでの日曜(4月11日)、松山英樹がウィニングパットを流し込んだ。夕日に包まれる中、「スコッティキャメロン ニューポート2 プロトタイプ」を手にしたまま18番グリーンを後にした。

視聴者の多くは、その仕上げ具合と形状からシーズンを通じて使ってきたパターだと思っただろうが、実際のところ、日本人男子初のメジャー王者は、このとき使用していたパターをわずか2週間前の「世界ゴルフ選手権デルテクノロジーズマッチプレー」から実戦投入したばかりだったのである。

<< 下に続く >>

さらに松山はスコッティキャメロンのツアーレップ、ドリュー・ページに相談した上で、ラムキン ディープエッチド フルコードグリップと段のあるパターシャフトを使用するようになった。

そして、松山の寸分たがわぬ仕様が厳重に保管される中、ページと仲間たちは、松山が2020年「BMW選手権」以来使用してきた「ニューポート2 GSS」と同じロフト角、ライ角、そしてヘッド重量になるよう調整したのである。

情報源によると、複数のモデルを試打するなか、最終的にグリップの感触が、長年使用したパターをバッグから追いやる決め手となったという。それに加え、松山はインパクト時のフィードバックが最も得られる“打音の大きな”パターを好むということで、プロトタイプのニューポート2がその要件を満たしたのである。

2週間前の乗り換えは、松山がグリーンジャケットに袖を通したことから分かるように、明らかに賢明な判断だった。歴史的に見ると(マスターズ王者としては)平均以下のパッティングとなるが、彼によるオーガスタナショナルでのパッティングのストロークゲインドは18位だった。

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!